> 

なめこに関する説明

なめこ

なめこ【概要】

なめこは秋にブナの切り株などに群生して生えるキノコで、最近はおがくずで人工的に栽培した小粒のなめこが多く出回っています。野生のなめこは傘の大きさが3~8cmになりますが、なめこを食用とするにはこのくらいに傘が開いたものがおいしいそうです。

なめこは水分がほとんどですが、ごくわずかに糖質やエルゴステリン/エルゴステロール(ビタミンD物質)があります。なめこは食用として特別の栄養価はないのですが、なめこ独自のぬるっとした食感が喜ばれています。

なめこなどキノコ類に共通していえることは、少量でも多糖類(菌類に特有の成分)が含まれていることです。このなめこなどに含まれる多糖類は現在ガンの予防になると言われており、カワラタケなどからは制癌剤も作られています。

なめこに含まれる健康成分

なめこに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□なめこに含まれる成分(エルゴステリン)の効果があると思われるもの
骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□なめこに含まれる成分(コンドロイチン)の効果があると思われるもの
心筋梗塞 / 心臓病(心疾患) / 肝機能(肝臓) / 美肌 / アンチエイジング / 関節痛 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ・・・もっと見る
□なめこに含まれる成分(ナイアシン)の効果があると思われるもの
肌荒れ・ニキビ / 薄毛(はげ) / 不眠症 / 二日酔い / 脳 / 糖尿病 / 精神安定 / ・・・もっと見る
□なめこに含まれる成分(ムチン)の効果があると思われるもの
健胃作用 / 胃潰瘍 / 胃腸病 / 風邪(かぜ) / 便秘 / 動脈硬化 / アレルギー疾患 / ・・・もっと見る
■なめこについてもっと調べる
下の検索フォームになめこについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「なめこ 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加