> 

レモンに関する説明

レモン

レモン【概要】

レモンはビタミンC補給などに

レモンは東南アジアが原産といわれるミカン科の常緑高木で、レモンティーやサラダなどが普及した現在では、欠かせない果物のひとつです。日本にレモンは明治になってから、アメリカから苗木が導入されましたが、ほとんど広がらず、現在はアメリカから大部分が輸入されてまかなわれています。

レモンの果実100g当りのビタミンCは90mgもあるので、ビタミンC不足を補うのによいものです。レモン果汁だけを搾ったものは、約半分の45mgになります。レモンの果肉にはビタミンCのほか、クエン酸が多く、レモンの果皮にはリモネンやシトラールなどの精油、ヘスピルジン、ビタミンB群を含みます。

かぜの初期にレモンの果皮を刻み砂糖を加えて、熱湯を注いで飲むと、汗が出て熱が早く下がります。レモンの果皮を捨てずに、3~5個分を刻んで布袋につめ、浴料とすれば皮膚の美容にもよく、湯ざめしにくい体になり、冷え症などにもよいとされます。

レモンに含まれる健康成分

レモンに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□レモンに含まれる成分(カリウム)の効果があると思われるもの
痛風 / 食欲不振 / 脳卒中 / 高血圧 / 糖尿病 / 利尿作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□レモンに含まれる成分(クエン酸)の効果があると思われるもの
食欲不振 / 利尿作用 / ストレス / 肝臓 / 筋肉痛 / 肩こり / 食欲増進 / ・・・もっと見る
□レモンに含まれる成分(シトラール)の効果があると思われるもの
抗菌・殺菌 / 殺菌作用 / 集中力を高める / ストレス / 精神安定 / リラックス / ・・・もっと見る
□レモンに含まれる成分(食物繊維)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 食欲不振 / 健胃作用 / 免疫力強化 / 免疫力改善 / 整腸作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□レモンに含まれる成分(ビタミンP)の効果があると思われるもの
高血圧 / 血管強化 / 健胃作用 / ・・・もっと見る
□レモンに含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
□レモンに含まれる成分(フラボノイド)の効果があると思われるもの
脳卒中 / 動脈硬化 / ストレス / 抗酸化作用 / 高血圧 / 血行促進 / 血管強化 / ・・・もっと見る
□レモンに含まれる成分(ペクチン)の効果があると思われるもの
コレステロール / 糖尿病 / 動脈硬化 / 肥満 / 便秘 / 食欲不振 / ・・・もっと見る
■レモンについてもっと調べる
下の検索フォームにレモンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「レモン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加