> 

にんじん(人参)に関する説明

にんじん(人参)

にんじん(人参)【概要】

にんじん(人参)は生だとクセのあるにおいがありますが、加熱すると甘味が出ます。

にんじん(人参)の栄養成分と効果・効能

にんじん(人参)は杭酸化作用の強いカロテンを多く含む緑黄色野菜の代表

にんじん(人参)はモロヘイヤにつぐカロテンの含有量です。カロテンは体内で必要なぶんだけビタミンAにかわり、皮膚を丈夫にしたり、免疫力を高めたり、目を健康に保つのに働きます。

ビタミンAは抗酸化作用が強く、抗がん作用も期待されています。

ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、油との相性がいいです。野菜妙めのように油を使った料理に使うと、吸収率が高くなります。

にんじん(人参)の料理方法・調理ポイント

カロテンは皮に近い部分に多く含まれるので、にんじん(人参)を調理するときには、皮をできるだけ薄くむくとよいでしょう。

にんじん(人参)の選び方

にんじん(人参)は色が濃いものほどカロテンの含有量が多くなっています。

また、首の部分が黒ずんでいるものは、避けたほうがよいです。

にんじん(人参)に含まれる健康成分

にんじん(人参)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□にんじん(人参)に含まれる成分(アルファリポ酸(αリポ酸))の効果があると思われるもの
抗酸化作用 / アンチエイジング / 美肌 / 肥満 / 痴呆症 / 肝機能(肝臓) / 冷え性 / ・・・もっと見る
□にんじん(人参)に含まれる成分(カロテノイド)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 抗酸化作用 / アンチエイジング / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□にんじん(人参)に含まれる成分(クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール))の効果があると思われるもの
ガン(癌) / 子宮がん(子宮癌) / ダイエット / コレステロール / 脳卒中 / 体脂肪燃焼 / 肥満 / ・・・もっと見る
□にんじん(人参)に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□にんじん(人参)に含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
気管支喘息 / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 胃 / 風邪(かぜ) / 花粉症 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
■にんじん(人参)についてもっと調べる
下の検索フォームににんじん(人参)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「にんじん(人参) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加