> 

青梗菜(チンゲンサイ)に関する説明

青梗菜(チンゲンサイ)

青梗菜(チンゲンサイ)【概要】

  • 青梗菜(チンゲンサイ)には癌に対する効能があると期待されている。
  • 青梗菜(チンゲンサイ)にはβ-カロテンが多く含まれている。
  • 青梗菜(チンゲンサイ)とビタミンEの組合せが効果的。

青梗菜(チンゲンサイ)小松菜大根と同じくアブラナ科に属しています。青梗菜(チンゲンサイ)の原産地は中国で、旬は春から夏にかけてです。アブラナ科の野菜は、制ガン性があるのではと注目を集めている野菜です。

青梗菜(チンゲンサイ)の効能・効果

青梗菜(チンゲンサイ)の栄養的な特徴は、β-カロテンビタミンC・ビタミンB群、カルシウム食物繊維が豊富なことです。

青梗菜(チンゲンサイ)の主な効能・効果としては生活習慣病を予防し、皮膚や粘膜の老化を防ぐことがあります。また、食物繊維も多いので便秘の改善に役立ちます。

青梗菜(チンゲンサイ)は穏やかな食味でどんな料理にも合いますが、β-カロテンの活用のために油脂や油脂を含む食品と一緒にとるようにしましょう。

青梗菜(チンゲンサイ)の主な効能


風邪
便秘
整腸作用
貧血
美肌

青梗菜(チンゲンサイ)の主な栄養素(100g中含有量)

ビタミンA 340ug
ビタミンC 24mg
カルシウム 100mg
 1.1mg

青梗菜(チンゲンサイ)の調理のポイント

青梗菜(チンゲンサイ)はクセがないので何にでも使え、アクもないので下ゆが不要です。柔らかいので細かく切ったりしないで、2~4つ切りにして使いましょう。

葉の部分と軸の部分は火の通る時間が違うので、大きめのものは切り離して調理したほうが無難です。サラダ油・塩各少々加えた湯でゆでると、コクがでます。

青梗菜(チンゲンサイ)の選び方と保存のポイント

青梗菜(チンゲンサイ)の旬は春から夏です。小ぶりで葉につやがあり、茎にはりがあるものを選びましょう。青梗菜(チンゲンサイ)を保存するときは、ぬれた紙に包んでビニール袋に入れ、立てて野菜室に冷蔵しましょう。

青梗菜(チンゲンサイ)の効果的な組み合わせ

青梗菜のβ-カロテン・ビタミンCに植物油や種実類などに含まれるビタミンEを組み合わせて、制ガン作用を一層高めましょう。カルシウムに対しては、たんぱく質を組み合わせて吸収率アップさせましょう。

青梗菜(チンゲンサイ)に含まれる健康成分

青梗菜(チンゲンサイ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□青梗菜(チンゲンサイ)に含まれる成分(カルシウム)の効果があると思われるもの
胃酸過多 / わきが(腋臭) / 爪 / 妊娠 / 肩こり / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 歯 / ・・・もっと見る
□青梗菜(チンゲンサイ)に含まれる成分(食物繊維)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 食欲不振 / 健胃作用 / 免疫力強化 / 免疫力改善 / 整腸作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□青梗菜(チンゲンサイ)に含まれる成分()の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / 成長促進作用 / 免疫力強化 / 疲労回復 / 貧血 / 冷え性 / 慢性疲労 / ・・・もっと見る
□青梗菜(チンゲンサイ)に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□青梗菜(チンゲンサイ)に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
□青梗菜(チンゲンサイ)に含まれる成分(ビタミンK)の効果があると思われるもの
骨盤 / 歯茎 / 痔 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ・・・もっと見る
□青梗菜(チンゲンサイ)に含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
気管支喘息 / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 胃 / 風邪(かぜ) / 花粉症 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
■青梗菜(チンゲンサイ)に関する商品情報
■青梗菜(チンゲンサイ)についてもっと調べる
下の検索フォームに青梗菜(チンゲンサイ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「青梗菜(チンゲンサイ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加