> 

たらの芽(たらのめ)に関する説明

たらの芽(たらのめ)

たらの芽(たらのめ)【概要】

たらの芽(たらのめ)はウコギ科のたらの木の新芽で、春の山菜の王様として珍重される。たらの芽(たらのめ)の”たら”とは、日本各地の山野に自生する落葉樹で、高さ2~6mで幹、枝、葉にとげがある。たらの芽(たらのめ)とは4~5月頃に出る10cm程度の葉が開く前の第一新芽を食用にしたものである。たらの芽(たらのめ)には独特の香りがあり、舌ざわりがよい。近年はハウス内で温度を上げて発芽させた人工栽培物のたらの芽(たらのめ)が3~4月頃に出回ります。

たらの芽(たらのめ)にはたんぱく質の含有量が高く、カリウム、鉄、カロテンなども多い。たらの芽(たらのめ)はずんぐりと太く、とげがぴんとしているものは品質が良いと言われています。たらの芽(たらのめ)の食べ方としては天ぷらにしたり、さっとゆでておひたしや和え物、汁の実などに用いるのが主なものとされています。

たらの芽(たらのめ)に含まれる健康成分

たらの芽(たらのめ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□たらの芽(たらのめ)に含まれる成分(カリウム)の効果があると思われるもの
痛風 / 食欲不振 / 脳卒中 / 高血圧 / 糖尿病 / 利尿作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□たらの芽(たらのめ)に含まれる成分()の効果があると思われるもの
髪の毛 / 血管強化 / 爪 / 慢性疲労 / 冷え性 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
□たらの芽(たらのめ)に含まれる成分(ナイアシン)の効果があると思われるもの
肌荒れ・ニキビ / 薄毛(はげ) / 不眠症 / 二日酔い / 脳 / 糖尿病 / 精神安定 / ・・・もっと見る
□たらの芽(たらのめ)に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□たらの芽(たらのめ)に含まれる成分(ビタミンK)の効果があると思われるもの
骨盤 / 歯茎 / 痔 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ・・・もっと見る
□たらの芽(たらのめ)に含まれる成分(葉酸)の効果があると思われるもの
妊娠 / 血行促進 / 血栓 / 動脈硬化 / 貧血 / 口内炎 / 薄毛(はげ) / ・・・もっと見る
■たらの芽(たらのめ)についてもっと調べる
下の検索フォームにたらの芽(たらのめ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「たらの芽(たらのめ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加