> 

とうもろこし(トウモロコシ)に関する説明

とうもろこし(トウモロコシ)

とうもろこし(トウモロコシ)【概要】

とうもろこし(トウモロコシ)は急性腎炎、栄養保持などに

とうもろこし(トウモロコシ)は未熟果を野菜として食べるほか成熟したものは穀物として、またとうもろこし(トウモロコシ)を加工してコーンスターチ、ポップコーン、コーンフレークなどとして、広く利用されています。とうもろこし(トウモロコシ)を加工したコーンスターチは病後の回復期に特に適しています。

とうもろこし(トウモロコシ)は未熟果は栄養のバランスが良いほか、繊維質も多く胚芽にはリノール酸を含んでいるなど体によい野菜といえます。

とうもろこし(トウモロコシ)の毛(南蛮毛=花柱)は食べられませんが、急性腎炎のむくみ取りによく用いられます。カリウムが多く利尿作用があります。とうもろこし(トウモロコシ)を2~3日、日干しした毛5~10gをカップ1杯の水で煎じて半量とし、濾してレモンや蜂蜜を入れ食後に分けて温服するものです。
 
とうもろこし(トウモロコシ)をまとめて日干しし、紙袋に保存しておくとよいでしょう。

とうもろこし(トウモロコシ)に含まれる健康成分

とうもろこし(トウモロコシ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□とうもろこし(トウモロコシ)に含まれる成分(アラビノキシラン)の効果があると思われるもの
免疫力強化 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□とうもろこし(トウモロコシ)に含まれる成分(オスモチン)の効果があると思われるもの
メタボリック・シンドローム / 動脈硬化 / 高血圧 / 糖尿病 / ・・・もっと見る
□とうもろこし(トウモロコシ)に含まれる成分(オリゴ糖)の効果があると思われるもの
食欲不振 / コレステロール / 糖尿病 / 下痢 / 便秘 / 免疫力強化 / 過敏性腸症候群(IBS) / ・・・もっと見る
□とうもろこし(トウモロコシ)に含まれる成分(ナイアシン)の効果があると思われるもの
肌荒れ・ニキビ / 薄毛(はげ) / 不眠症 / 二日酔い / 脳 / 糖尿病 / 精神安定 / ・・・もっと見る
□とうもろこし(トウモロコシ)に含まれる成分(ヘミセルロース)の効果があると思われるもの
■とうもろこし(トウモロコシ)についてもっと調べる
下の検索フォームにとうもろこし(トウモロコシ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「とうもろこし(トウモロコシ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加