> 

ねぎ(ネギ)に関する説明

ねぎ(ネギ)

ねぎ(ネギ)【概要】

ねぎは薬味として日本料理に欠かせない野菜です。

ねぎの白い部分を食べる根深ねぎ、緑の部分を食べる葉ねぎがあります。

根深ねぎは淡色野菜、葉ねぎは緑黄色野菜になり、含まれる栄養素が異なります。

ねぎ(ネギ)の栄養成分と効果・効能

葉ねぎは根深ねぎよりも含まれる栄養量が多いのですが、一度にたくさん食べられるのは根深ねぎです。食べる量と栄養量を考えて比較したほうがいいでしょう。

ねぎ(ネギ)の辛み成分に抗酸化作用や血栓予防作用

ねぎ類には、動脈硬化を予防したり、血糖値や血圧を安定させると言われる、硫化アリルが含まれます。

最近は、がんの抑制作用も期待されています。殺菌作用や鎮痛・解熱作用もあるとされます。

硫化アリルは葉ねぎよりも根深ねぎに多く含まれています。

ねぎ(ネギ)の選び方

根深ねぎは白い部分がかたいもの、葉ねぎは葉先がピンとしているものを選びましょう。

ねぎ(ネギ)に含まれる健康成分

ねぎ(ネギ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ねぎ(ネギ)に含まれる成分(アリシン)の効果があると思われるもの
殺菌作用 / コレステロール / 疲労回復 / アンチエイジング / ストレス / 抗酸化作用 / 抗炎症作用 / ・・・もっと見る
□ねぎ(ネギ)に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□ねぎ(ネギ)に含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
夏バテ / 頭痛 / 視力 / 抜け毛 / 心筋梗塞 / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□ねぎ(ネギ)に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
□ねぎ(ネギ)に含まれる成分(フラクトオリゴ糖)の効果があると思われるもの
肥満 / 便秘 / 動脈硬化 / 整腸作用 / 虫歯 / ・・・もっと見る
□ねぎ(ネギ)に含まれる成分(硫化アリル)の効果があると思われるもの
風邪(かぜ) / ガン(癌) / 血行促進 / 抗炎症作用 / 高血圧 / 殺菌作用 / 動脈硬化 / ・・・もっと見る
■ねぎ(ネギ)についてもっと調べる
下の検索フォームにねぎ(ネギ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ねぎ(ネギ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加