> 

キャベツに関する説明

キャベツ

キャベツ【概要】

キャベツは品種が多く、一年中流通しています。主なキャベツの種類を大別すると色が白く、巻きがかたい冬キャベツと、線が濃く、葉がやわらかくて巻きがゆるやかな春キャベツがあります。

キャベツは風味にクセがないのでいろいろな料理に使われ、加熱調理するとカサが減りたくさん食べられます。

キャベツの栄養成分と効果・効能

キャベツはビタミンCをはじめ、ビタミンK、葉酸、カリウム、カルシウム、食物繊維などを含みます。

キャベツはビタミンUという、胃潰瘍を抑制する成分を含みます。キャベツのしぼり汁が、胃潰瘍の治療に効果があることがわかり、研究された結果、胃潰瘍の薬が開発されたことは有名な話です。

ほかに、キャベツには肝臓の機能を改善したり、解毒作用を補助すると言われたり、白血球数を増やして免疫力を高めるといった、動物実験の結果もあります。

キャベツは癌(がん)に効果的な食品

アメリカ国立がん研究所が、がん予防の観点から作成した 「デザイナーズフーズ・ピラミッド」では、キャベツがにんにくやしょうがとともに、重要性がもっとも高い食品に分類されています。

キャベツの民間療法

ヨーロッパではキャベツが古くから薬として利用されてきました。古代ギリシャでは、母乳の出がよくなると言われ、出産前の女性にすすめられていたそうです。

ローマ時代にはキャベツが二日酔いの解消に用いられたそうです。フランスでは痛みをやわらげるために、キャベツの葉を温め、温湿布として利用することもあるそうです。

キャベツの選び方

冬キャベツは葉がしっかり巻いて、ずっしり重いもの、春キャベツは巻きがゆるやかで軽いものがよいです。どちらも、切り口が新鮮なものを選びましょう。

キャベツに含まれる健康成分

キャベツに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□キャベツに含まれる成分(イソチオシアネート)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / 胃潰瘍 / ・・・もっと見る
□キャベツに含まれる成分(イノシトール)の効果があると思われるもの
肝機能(肝臓) / 脂肪肝 / 肥満 / ・・・もっと見る
□キャベツに含まれる成分(グルコシノレート)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / アレルギー疾患 / 花粉症 / ・・・もっと見る
□キャベツに含まれる成分(スルフォラファン)の効果があると思われるもの
解毒作用 / 抗酸化作用 / ストレス / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□キャベツに含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□キャベツに含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
□キャベツに含まれる成分(ビタミンU)の効果があると思われるもの
粘膜の強化 / 健胃作用 / 胃腸病 / 胃酸過多 / 胃潰瘍 / 十二指腸潰瘍 / 食欲不振 / ・・・もっと見る
□キャベツに含まれる成分(メチルメチオニン)の効果があると思われるもの
胃潰瘍 / 粘膜の強化 / 胃酸過多 / 胃腸病 / 十二指腸潰瘍 / ・・・もっと見る
□キャベツに含まれる成分(ルテイン ルティン)の効果があると思われるもの
加齢黄斑変性症 / 視力 / 疲れ目(眼精疲労) / 白内障 / 老眼 / 抗酸化作用 / ・・・もっと見る
■キャベツについてもっと調べる
下の検索フォームにキャベツについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「キャベツ 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加