> 

赤貝に関する説明

赤貝

赤貝【概要】

赤貝は二枚貝で、大きいものは殻の長さが約12cmになる。赤貝は血液中に血色素ヘモグロビンを含むため、肉は赤色をしている。赤貝の旬は冬から春。赤貝の産地は主に北海道南部から九州まで、台湾の沿岸から10~40mの泥状の海底にすむ。

赤貝は二枚貝の中では、たんぱく質の含有量が多く脂質は少ない。赤貝は鉄、ビタミンAを多く含み、ビタミンB1、ビタミンB2も比較的多い。

赤貝の味にクセが無く、歯ごたえがあるので美しい赤色をいかして生色されることが多い。赤貝が食される時は刺身、酢の物、すし種、サラダなのどに喜ばれている。赤貝のひもの部分も生で利用される。赤貝の近縁にはもがい等がある。

赤貝に含まれる健康成分

赤貝に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□赤貝に含まれる成分(グルタチオン)の効果があると思われるもの
肝班 / 抗酸化作用 / 肝機能(肝臓) / アンチエイジング / ガン(癌) / 免疫力強化 / ストレス / ・・・もっと見る
□赤貝に含まれる成分()の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / 成長促進作用 / 免疫力強化 / 疲労回復 / 貧血 / 冷え性 / 慢性疲労 / ・・・もっと見る
□赤貝に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□赤貝に含まれる成分(ビタミンB12)の効果があると思われるもの
足のしびれ / 美肌 / 美白 / ストレス / 精神安定 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
■赤貝についてもっと調べる
下の検索フォームに赤貝について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「赤貝 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加