> 

にんにくに関する説明

にんにく

にんにく【概要】

にんにくは世界各地の料理に日常的によく使われている香味野菜である。

にんにくは古代エジプト人が労働力を補うために利用していたといわれ、日本でも「おおびる」の古名ですでに『源氏物語』に登場するなど、強壮剤として長い歴史をもつ。もちろん中国でもにんにくは漢方生薬のひとつとして数えられるほどだ。

にんにくの有効成分と効能・効果

にんにくの効能は、主にアリシン、ビタミンB1、スコルジニンの3つの成分にあると考えられている。

にんにく特有の匂いの正体は、このアリシンという物質によるもので、強力な殺菌・解毒作用や抗酸化作用があるので赤痢菌や寄生虫駆除、さらにコレラ菌やチフス菌などの強力な菌にまで有効であることがわかっている。

また、疲労回復に欠かせないのがビタミンB1。にんにくには、このビタミンB1も豊富に含まれているが、アリシンはビタミンB1の働きをサポートして、効力を高める役割も果たしている。

さらに近年、アメリカなどではにんにくがガンを予防する食品として高い評価を得ている。

にんにくの中でも匂いに関係しないのがスコルジニンという成分。末梢血管を拡張し、血液の流れをスムーズにすることで、血中の余分なコレステロールを排除する働きがある。

にんにくによるスタミナパワーの仕組み

にんにくにはもともとアリインという物質が含まれており、にんにくをおろしたり、刻んだりすると、にんにく中のアリイナーゼという分解酵素が働き、食欲をそそる特有の匂いとともにアリシンを生成する。

このアリシンやアリインをにんにくの特有成分「アリル化合物」と呼ぶ。このアリル化合物がビタミンB1と結合しやすく、ビタミンB1がアリチアミンという物質に変化して、より体内への吸収が高まり、疲労回復に役立つ。これがにんにくのスタミナ効果の中心と考えられている。

にんにくの食べ過ぎ・副作用

にんにくは食べすぎると腹痛や貧血の原因になる場合があるので、摂取量は生にんにくで1日1片、火を通すなら2~3片程度が目安です。また、子供は大人の半量以下にとどめよう。

にんにくの臭い

副作用という程ではありませんが、にんにくを食べて困るのがあの臭いです。

あの臭いはにんにくが体内で代謝されて発生するアリルメルカプタン、アリルメチルスルフィドという物質が原因です。これらは体内で代謝されないため息や体臭として臭いを放ちます。

臭いの持続時間はおよそ16時間以上とも言われ、翌日まで続くことが知られています。

アリルメチルスルフィドの消臭方法は科学的に難しいと言われているため、基本的にはにんにくの消化物を体外へ排出するしか臭いを消す方法は無いと言えますが、こちらのサイトにはいくつかのにんにくの臭いを消す方法が纏められていますので試す価値はあると思われます。

にんにくに含まれる健康成分

にんにくに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□にんにくに含まれる成分(アリシン)の効果があると思われるもの
殺菌作用 / コレステロール / 疲労回復 / アンチエイジング / ストレス / 抗酸化作用 / 抗炎症作用 / ・・・もっと見る
□にんにくに含まれる成分(オリゴ糖)の効果があると思われるもの
食欲不振 / コレステロール / 糖尿病 / 下痢 / 便秘 / 免疫力強化 / 過敏性腸症候群(IBS) / ・・・もっと見る
□にんにくに含まれる成分(カリウム)の効果があると思われるもの
痛風 / 食欲不振 / 脳卒中 / 高血圧 / 糖尿病 / 利尿作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□にんにくに含まれる成分(ゲルマニウム)の効果があると思われるもの
免疫力強化 / 抗酸化作用 / ・・・もっと見る
□にんにくに含まれる成分(システイン)の効果があると思われるもの
抜け毛 / 髪の毛 / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / 美肌 / 薄毛(はげ) / 二日酔い / ・・・もっと見る
□にんにくに含まれる成分(食物繊維)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 食欲不振 / 健胃作用 / 免疫力強化 / 免疫力改善 / 整腸作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□にんにくに含まれる成分(スコルジン(スコルジニン))の効果があると思われるもの
心筋梗塞 / 高血圧 / 高脂血症(脂質異常症) / 疲労回復 / 動脈硬化 / コレステロール / 脳血栓 / ・・・もっと見る
□にんにくに含まれる成分(ビタミンB6)の効果があると思われるもの
妊娠中のつわり・吐き気 / 末梢神経障害 / 髪の毛 / 生理痛(月経痛) / うつ病 / にきび(ニキビ) / 妊娠 / ・・・もっと見る
□にんにくに含まれる成分(フラクトオリゴ糖)の効果があると思われるもの
肥満 / 便秘 / 動脈硬化 / 整腸作用 / 虫歯 / ・・・もっと見る
□にんにくに含まれる成分(モリブデン)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / 疲労回復 / 貧血 / ・・・もっと見る
□にんにくに含まれる成分(硫化アリル)の効果があると思われるもの
風邪(かぜ) / ガン(癌) / 血行促進 / 抗炎症作用 / 高血圧 / 殺菌作用 / 動脈硬化 / ・・・もっと見る
■にんにくについてもっと調べる
下の検索フォームににんにくについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「にんにく 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加