> 

カレイ(鰈)に関する説明

カレイ(鰈)

カレイ(鰈)【概要】

カレイ(鰈)の体は平らで、目は体の一方へ寄っています。カレイ(鰈)は目のあるほうを上にして海底にすんでおり、目のある側の体色は黒灰色、ない側は白色の魚です。ヒラメもカレイ(鰈)同様目が一方に寄っているので、昔から「目が左にあるのがひらめ、右ならカレイ(鰈)」とされていますが例外もあります。カレイ(鰈)とヒラメを見分けるポイントは口で、一般にはカレイ(鰈)は口が小さく、ひらめは大きいです。

カレイ(鰈)旬は秋から冬になります。

カレイ(鰈)はたんぱく質源となる白身の魚ですが、脂質の量は種類によって大きく異なります。無機質、ビタミンともに特に多いものはカレイ(鰈)はにはありません。

カレイ(鰈)は1切れ80~100ぐらいで小1尾100g程度です。カレイ(鰈)の料理としては煮つけ、揚げ物、ムニエルなど用途は広くあります。カレイ(鰈)の種類である新鮮なまがれい、まこがれい、しがれいは、薄づくりの刺身にも向きます。カレイ(鰈)の中でもやなぎむしがれいは干物にするとおいしい。

カレイ(鰈)に含まれる健康成分

カレイ(鰈)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

■カレイ(鰈)についてもっと調べる
下の検索フォームにカレイ(鰈)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「カレイ(鰈) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加