> 

あゆ(鮎)に関する説明

あゆ(鮎)

あゆ(鮎)【概要】

あゆ(鮎)は日本全国の水のきれいな川にすみ、あい(各地)、しろいお(熊本)などの地方名を持ちます。あゆ(鮎)は「川魚の王」と呼ばれたりもします。あゆ(鮎)の旬は6~8月。水ごけを食べるため、独特の香気があります。養殖あゆ(鮎)は天然物よりも肉質がやわらかく、甘味が少ない。加熱後の香気も劣ります。

あゆ(鮎)の中1尾は約60gです。あゆ(鮎)の肉はたんぱく質のほか、カルシウム、ビタミンAを多く含みます。あゆ(鮎)のはらわたは脂質や灰分、ビタミン類、特にビタミンAが豊富です。養殖あゆ(鮎)は天然物より脂質が多くあります。

あゆ(鮎)の料理法としてははらわたを残したままの塩焼きのほか、なます、てんぷらなどがあります。その他、あゆ(鮎)の甘露煮、姿ずし、子あゆのつくだ煮や、稚魚を生きたまま酢みそで食べる踊り食いもあります。うるかはあゆ(鮎)の内臓の塩辛で、酒のさかなに珍重されています。

あゆ(鮎)に含まれる健康成分

あゆ(鮎)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□あゆ(鮎)に含まれる成分(たんぱく質)の効果があると思われるもの
B型肝炎 / 髪の毛 / バストアップ / 爪 / 抜け毛 / 免疫力強化 / 筋肉疲労 / ・・・もっと見る
□あゆ(鮎)に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□あゆ(鮎)に含まれる成分(ビタミンB12)の効果があると思われるもの
足のしびれ / 美肌 / 美白 / ストレス / 精神安定 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
□あゆ(鮎)に含まれる成分(リン)の効果があると思われるもの
歯 / 骨 / ・・・もっと見る
■あゆ(鮎)についてもっと調べる
下の検索フォームにあゆ(鮎)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「あゆ(鮎) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加