> 

ししゃもに関する説明

ししゃも

ししゃも【概要】

ししゃもは全長約15cmで、体は細長く、わかさぎに似ています。ししゃもは北海道の太平洋沿岸に分布しています。ししゃもの体色は暗黄色で腹は銀白色ですが、10~11月の産卵期には雄の体色は黒くなります。ししゃもの漁期は短いので、多くが生干しに加工されます。ただし生干しとして出回っている大型のものは、ししゃもではなく近縁のきゅうりうおであることが多い。また、アラスカ周辺に分布するカペリン(からふとししゃも)もししゃもの代替品として輸入されている。つまり本物のししゃもは中々食すことができなくなっていると言えます。

ししゃもにはたんぱく質のほか、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンE、不飽和脂肪酸を豊富に含みます。カルシウムは、頭も尾も残さずに食べられる小型の輸入ししゃものほうが多いです。ししゃもの食べ方として生干しはさっと焼いてそのまま食べる。生のししゃもはフライ、てんぷら、塩焼きなどにすると美味しいです。

ししゃもに含まれる健康成分

ししゃもに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ししゃもに含まれる成分(ゲルマニウム)の効果があると思われるもの
免疫力強化 / 抗酸化作用 / ・・・もっと見る
□ししゃもに含まれる成分(セレン・セレニウム)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 免疫力強化 / 動脈硬化 / 糖尿病 / 抗酸化作用 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□ししゃもに含まれる成分(DHA(ドコサヘキサエン酸))の効果があると思われるもの
脳血栓 / 肝臓 / 血栓 / 心臓病(心疾患) / アトピー性皮膚炎 / アルツハイマー / ドライアイ / ・・・もっと見る
□ししゃもに含まれる成分(パントテン酸(ビタミンB5))の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / 疲労回復 / ストレス / 風邪(かぜ) / ・・・もっと見る
□ししゃもに含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□ししゃもに含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
夏バテ / 頭痛 / 視力 / 抜け毛 / 心筋梗塞 / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□ししゃもに含まれる成分(ビタミンE)の効果があると思われるもの
肝班 / 頭痛 / 爪 / 気管支喘息 / アルツハイマー / 白内障 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□ししゃもに含まれる成分(ビタミンB12)の効果があると思われるもの
足のしびれ / 美肌 / 美白 / ストレス / 精神安定 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
■ししゃもについてもっと調べる
下の検索フォームにししゃもについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ししゃも 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加