> 

にしん(ニシン)に関する説明

にしん(ニシン)

にしん(ニシン)【概要】

にしん(ニシン)はイワシ科の魚で全長約35cmになり、背部は暗青色、腹部は銀白色をしています。にしん(ニシン)は北海の回遊魚で、かつては春先に北海道沿岸で大量にとれ、肥料にもされたが、近年は漁獲量が減少しています。

にしん(ニシン)はいわしに似た赤身の魚で成分的にも類似しており、脂質、脂溶性ビタミン、不飽和脂肪酸に富んでいます。

にしん(ニシン)料理は塩焼きのほか、照り焼き、かば焼き、味噌煮などに向いています。にしんは鮮度の低下が早いので、生食には向きません。素干し品は身欠きにしん(ニシン)と呼ばれ、煮つけやかば焼きに合います。他にまるのまま塩蔵した塩にしん、冷くん法でつくられたにしん(ニシン)の燻製などがあります。かずのこはにしん(ニシン)の卵巣で、殆どが塩蔵品です。

にしん(ニシン)に含まれる健康成分

にしん(ニシン)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□にしん(ニシン)に含まれる成分(ゲルマニウム)の効果があると思われるもの
免疫力強化 / 抗酸化作用 / ・・・もっと見る
□にしん(ニシン)に含まれる成分(たんぱく質)の効果があると思われるもの
B型肝炎 / 髪の毛 / バストアップ / 爪 / 抜け毛 / 免疫力強化 / 筋肉疲労 / ・・・もっと見る
□にしん(ニシン)に含まれる成分(DHA(ドコサヘキサエン酸))の効果があると思われるもの
脳血栓 / 肝臓 / 血栓 / 心臓病(心疾患) / アトピー性皮膚炎 / アルツハイマー / ドライアイ / ・・・もっと見る
□にしん(ニシン)に含まれる成分(パントテン酸(ビタミンB5))の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / 疲労回復 / ストレス / 風邪(かぜ) / ・・・もっと見る
□にしん(ニシン)に含まれる成分(ビタミンB12)の効果があると思われるもの
手足のしびれ / 美肌 / 美白 / ストレス / 精神安定 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
□にしん(ニシン)に含まれる成分(リチウム)の効果があると思われるもの
血圧を下げる(血圧降下作用) / 精神安定 / 双極性障害(躁うつ病) / ・・・もっと見る
■にしん(ニシン)についてもっと調べる
下の検索フォームににしん(ニシン)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「にしん(ニシン) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加