> 

ぶどう(葡萄)に関する説明

ぶどう(葡萄)

ぶどう(葡萄)【概要】

ぶどう(葡萄)は冷え症、貧血症、疲労回復などに

ぶどう(葡萄)はヨーロッパ系のブドウが古い時代に中国に伝えられ、日本には鎌倉時代にはじめて甲州に入り、現在の甲州葡萄になったといわれます。アメリカにも別のぶどう(葡萄)があり、ヨーロッパ系と交配されて、いろいろなぶどう(葡萄)の品種が生まれ、明治以後に伝えられました。ぶどうは漢名の葡萄(ぶたお)を音読みしたものです。

ぶどう(葡萄)の果汁には、転化糖や酒石酸などのほかにビタミンB1・ビタミンCも少量含まれ、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラルもあります。また、ぶどう(葡萄)の種子にはリノール酸が多く含まれているので、季節のくだものとして生食すればからだのためになります。甲州では昔から、ぶどう(葡萄)を種子ごと食べる習慣がありますが、このような食べ方をすれば、動脈硬化の予防に役立ちます。またぶどう(葡萄)の皮にはポリフェノールが含まれています。さらにぶどう(葡萄)にはリンゴ酸も含まれています。

ぶどう(葡萄)からできるぶどう(葡萄)酒を、食前に飲めば食欲を増し、寝しなに適宜飲めば、冷え症、貧血症、疲労回復などに効果があります。

ぶどう(葡萄)に含まれる健康成分

ぶどう(葡萄)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ぶどう(葡萄)に含まれる成分(アントシアニン)の効果があると思われるもの
ドライアイ / 動脈硬化 / 抗酸化作用 / 血栓 / 疲れ目(眼精疲労) / 視力 / ・・・もっと見る
□ぶどう(葡萄)に含まれる成分(果糖(フラクトース))の効果があると思われるもの
肝機能(肝臓) / 疲労回復 / 二日酔い / ・・・もっと見る
□ぶどう(葡萄)に含まれる成分(カリウム)の効果があると思われるもの
痛風 / 食欲不振 / 脳卒中 / 高血圧 / 糖尿病 / 利尿作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□ぶどう(葡萄)に含まれる成分(ポリフェノール)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 二日酔い / 抗酸化作用 / 虫歯 / 糖尿病 / ガン(癌) / 動脈硬化 / ・・・もっと見る
□ぶどう(葡萄)に含まれる成分(レスベラトロール)の効果があると思われるもの
痴呆症 / 心筋梗塞 / 動脈硬化 / 脳卒中 / アンチエイジング / 糖尿病 / コレステロール / ・・・もっと見る
■ぶどう(葡萄)についてもっと調べる
下の検索フォームにぶどう(葡萄)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ぶどう(葡萄) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加