> 

ししとうがらし(獅子唐辛子)に関する説明

ししとうがらし(獅子唐辛子)

ししとうがらし(獅子唐辛子)【概要】

ししとうがらし(獅子唐辛子)はとうがらしの甘味種の一つです。

ししとうがらし(獅子唐辛子)の原産地は中央、南アフリカ。略してししとう、または青とうがらしとも呼びます。ししとうがらし(獅子唐辛子)の形は細長く、長さが5~6cmになった未熟果が出荷されます。ししとうがらし(獅子唐辛子)は先端が獅子の鼻の形に似ているところから、この名がつきました。とうがらしの仲間は江戸時代から栽培されていたが、ししとうがらし(獅子唐辛子)はその中から辛くない品種として分化し、野菜用として流通するようになりました。

ししとうがらし(獅子唐辛子)はカロテン、ビタミンB1、B2、Cなどの成分を多く含みます。

ししとうがらし(獅子唐辛子)は料理としてはてんぷら、フライ、鉄板焼き、くし焼きなどに用いられることが多いです。また、ししとうがらし(獅子唐辛子)の葉は葉とうがらしといって佃煮などに利用されます。ししとうがらし(獅子唐辛子)は過熱すると果実が膨張して破裂するので、くしで表面に穴を開けるか包丁で切れ目を入れておくとよいです。

ししとうがらし(獅子唐辛子)に含まれる健康成分

ししとうがらし(獅子唐辛子)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ししとうがらし(獅子唐辛子)に含まれる成分(ビタミンK)の効果があると思われるもの
骨盤 / 歯茎 / 痔 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ・・・もっと見る
□ししとうがらし(獅子唐辛子)に含まれる成分(ポリフェノール)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 二日酔い / 抗酸化作用 / 虫歯 / 糖尿病 / ガン(癌) / 動脈硬化 / ・・・もっと見る
■ししとうがらし(獅子唐辛子)に関する商品情報
■ししとうがらし(獅子唐辛子)についてもっと調べる
下の検索フォームにししとうがらし(獅子唐辛子)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ししとうがらし(獅子唐辛子) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加