> 

ラム肉に関する説明

ラム肉

ラム肉【概要】

ラム肉は羊の肉です。羊肉には、生育した羊のマトンと生後1年未満の仔羊のラムとがあります。マトンは特有のにおいがあり、苦手な方も多いかもしれませんが、ラムは比較的臭いが無いので、羊肉特有のにおいが苦手な人は、ラムを選ぶといいでしょう。羊肉の健康成分であるL-カルニチンの量はマトンもラムもさほど変わりません。

ラムの効能・効果

ラムは、必須アミノ酸をバランスよく含む良質のたんぱく源です。しかも、ほかの肉と比べて脂肪が少なく、カロリーが低いのが特長です。また、も多く、貧血の予防・改善にも効果を発揮します。

ラムのエネルギー量はラムロースで100gあたり227kcal、もも肉で217kcalです。

さらに、ラムにはL-カルニチンも多く含まれます。L-カルニチンは、細胞内のミトコンドリアで脂肪が燃やされるとき、脂肪酸を運び込む役目を担っているため、脂肪燃焼のために欠かせません。

L-カルニチンは肝臓で合成されますが、加齢や過度の飲酒、肥満などで肝機能が衰えると、生成能力が落ちて、不足気味になります。すると、体脂肪が燃えにくくなり、肥満が加速してしまいます。

L-カルニチンをきちんと補給して、脂肪の燃焼が促進されると、肥満の予防になるほか、熱が産生されて体が温まるので、冷え性にも有効です。

ラムの料理

料理法で代表的なのはジンギスカンです。専用の鍋がなくても、フライパンやホットプレートで焼けば十分で、余分な脂を落とし、より低カロリーで有効成分をとれます。

ラム肉に含まれる健康成分

ラム肉に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□ラム肉に含まれる成分(Lカルニチン)の効果があると思われるもの
ダイエット / 痴呆症 / 肥満 / コレステロール / メタボリック・シンドローム / 骨盤 / ・・・もっと見る
□ラム肉に含まれる成分(カルニチン)の効果があると思われるもの
コレステロール / ダイエット / 中性脂肪 / 体脂肪燃焼 / 脂質異常症 / 肥満 / ・・・もっと見る
□ラム肉に含まれる成分(シスチン)の効果があると思われるもの
解毒作用 / 美肌 / 髪の毛 / 爪 / ・・・もっと見る
□ラム肉に含まれる成分(バリン)の効果があると思われるもの
食欲増進 / 成長促進作用 / 疲労回復 / 筋肉強化(筋力強化) / ・・・もっと見る
□ラム肉に含まれる成分(パントテン酸(ビタミンB5))の効果があると思われるもの
風邪(かぜ) / ストレス / 疲労回復 / 薄毛(はげ) / ・・・もっと見る
□ラム肉に含まれる成分(ヒスチジン)の効果があると思われるもの
ストレス / 成長促進作用 / ・・・もっと見る
□ラム肉に含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
■ラム肉についてもっと調べる
下の検索フォームにラム肉について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ラム肉 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加