> 

いくら(イクラ)に関する説明

いくら(イクラ)

いくら(イクラ)【概要】

いくら(イクラ)とは成熟したサケの卵巣から卵をとり出して1粒ずつバラバラにしたものです。

いくら(イクラ)はもともとロシア語で広く魚卵を意味しますが、日本では粒状のサケ魚卵のことを指します。いくら(イクラ)は平安時代から食用とされてきましたが、近年では国内のサケ類が減少したため海外からの輸入ものいくら(イクラ)が多くなっています。

いくら(イクラ)は塩漬けや醤油漬けのものが一般的で、季節によっては卵巣に入ったままの生スジコも出回ります。塩蔵品の食べ過ぎには注意が必要ですが、いくら(イクラ)には目によいビタミンAやストレスに強くなるパントテン酸が多く含まれています。いくら(イクラ)にはコレステロールが多いですが、同時に中性脂肪値を下げ、脳細胞を活性化する働きのある多価不飽和脂肪酸も多くいくら(イクラ)には含くまれています。いくら(イクラ)に含まれている不飽和脂肪酸IPA(ERA)は血栓を予防し、DHAは脳の働きを活性化させアレルギー症状を緩和させる働きもあります。またいくら(イクラ)には造血に強くビタミンB12や神経機能活性化に重要な葉酸を含まれています。

いくら(イクラ)の選び方のポイントは粒が大きくふっくらしていて、ツヤとハリがあるものが良いとされます。粒にたるみのないいくら(イクラ)を選びましょう。

いくら(イクラ)の保存方法としては容器に入れラップをかけて冷蔵庫で保存するのが最適です。ただし基本的にいくら(イクラ)は早めに食べきるのがよいでしょう。

[主ないくら(イクラ)の栄養素]可食部100g当たり/塩蔵
・たんぱく質…30.5g(アミノ酸スコア100 ※参考値スジコ)
・脂質…15.6g
・ナトリウム…910㎎
・ビタミンA…330μg
・ビタミンE…9.1㎎

イクラのエネルギー:272Kcal(100g当たり)

いくら(イクラ)に含まれる健康成分

いくら(イクラ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□いくら(イクラ)に含まれる成分(アスタキサンチン)の効果があると思われるもの
視力 / ガン(癌) / 抗酸化作用 / ストレス / 血行促進 / 動脈硬化 / 糖尿病 / ・・・もっと見る
□いくら(イクラ)に含まれる成分()の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / 免疫力改善 / 貧血 / ・・・もっと見る
□いくら(イクラ)に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□いくら(イクラ)に含まれる成分(ビタミンE)の効果があると思われるもの
肝班 / 頭痛 / 爪 / 気管支喘息 / アルツハイマー / 白内障 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□いくら(イクラ)に含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□いくら(イクラ)に含まれる成分(ビタミンB12)の効果があると思われるもの
足のしびれ / 美肌 / 美白 / ストレス / 精神安定 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
□いくら(イクラ)に含まれる成分(葉酸)の効果があると思われるもの
妊娠 / 血行促進 / 血栓 / 動脈硬化 / 貧血 / 口内炎 / 薄毛(はげ) / ・・・もっと見る
□いくら(イクラ)に含まれる成分(ヨウ素(ヨード))の効果があると思われるもの
肥満 / 薄毛(はげ) / 歯 / ・・・もっと見る
□いくら(イクラ)に含まれる成分(リン)の効果があると思われるもの
歯 / 骨 / ・・・もっと見る
■いくら(イクラ)についてもっと調べる
下の検索フォームにいくら(イクラ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「いくら(イクラ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加