> 

枝豆に関する説明

枝豆

枝豆【概要】

枝豆ビタミン・ミネラルの給源などに

大豆の若い莢(さや)を利用する場合に枝豆と言ってビールのつまみになどにします。最近はビニールハウスなどによる枝豆の促成物が増えています。枝豆は中国東北区や日本にも野生するノマメから改良されたものと言われ、作物として枝豆は弥生時代に中国から渡来したのではないかともいわれている古い作物のひとつです。

枝豆の若い豆には、たんぱく質が多くビタミンB1・ビタミンB2のほかビタミンCも多く含まれ、カルシウム、リン、鉄などのミネラルも多いので、野菜の中では枝豆は栄養価に富んだ食品といえます。ですから、ビールや酒のおつまみとして枝豆を食べるのは大変よいことです。ただし、枝豆の味付けにつかう食塩は少なめにしたほうが賢明です。

枝豆に含まれる健康成分

枝豆に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□枝豆に含まれる成分(カリウム)の効果があると思われるもの
痛風 / 食欲不振 / 脳卒中 / 高血圧 / 糖尿病 / 利尿作用 / 便秘 / ・・・もっと見る
□枝豆に含まれる成分(カルシウム)の効果があると思われるもの
胃酸過多 / わきが(腋臭) / 爪 / 妊娠 / 肩こり / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 歯 / ・・・もっと見る
□枝豆に含まれる成分()の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / 成長促進作用 / 免疫力強化 / 疲労回復 / 貧血 / 冷え性 / 慢性疲労 / ・・・もっと見る
□枝豆に含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
頭痛 / 視力 / 抜け毛 / 心筋梗塞 / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / 免疫力強化 / ・・・もっと見る
□枝豆に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
頭痛 / 血液サラサラ / 食欲不振 / 気管支喘息 / 風邪(かぜ) / アルツハイマー / 白内障 / ・・・もっと見る
□枝豆に含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□枝豆に含まれる成分(メチオニン)の効果があると思われるもの
精神安定 / 抗酸化作用 / 肝機能(肝臓) / コレステロール / アレルギー疾患 / ・・・もっと見る
■枝豆についてもっと調べる
下の検索フォームに枝豆について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「枝豆 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加