>   > 

効能一覧

成分一覧へ|食品一覧へツボ一覧へ
■効果・効能一覧
あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行ん行
覚醒作用・・・
風邪(かぜ)風邪とは、鼻、口内、のど(咽頭・喉頭)、気管支を総称する「上気道」に急性の炎症を・・・。
肩こり例えば長時間座ったままデスクワークを続けていると、重い頭を支えるために、うなじや・・・。
脚気脚気とはビタミンB1(チアミン)欠乏症のこと。脚気の症状は食欲不振、倦怠感、しび・・・
過敏性腸症候群(IBS)過敏性腸症候群(IBS)とは腸の特定疾患以外による下痢や便秘症状の総称。過敏性腸・・・
花粉症花粉症はアレルギーの一種。体に侵入した異物を排除するために備わっている免疫が、本・・・。
髪の毛髪の毛は皮膚が変化したもの。髪の毛の主成分はたんぱく質。髪の毛に必要な栄養素はた・・・
加齢黄斑変性症加齢黄斑変性症とは物がゆがんで見えたり、視野が欠ける病気加齢黄斑変性症の症状は徐・・・
肝機能(肝臓)「肝心要」という言葉があるように肝臓は人間にとって非常に大切な臓器です。私たちが・・・
感染症感染症とは細菌などの病原体による発熱や下痢などを起こすこと。感染症は予防対策する・・・
関節痛外傷や思い当たる病気もないのに、膝や股関節などが痛むことを関節痛(関節症)という・・・。
乾燥肌乾燥肌とは肌の水分・油分の不足が原因。乾燥肌は対策しないとどんどん悪化する。乾燥・・・
肝臓肝臓病には、肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝臓ガンなどがある。 もっとも多いのはウ・・・。
肝班肝斑は左右対称にあらわれる顔のシミの一種で30~40歳代に多い。肝斑は女性ホルモ・・・
ガン(癌)1981年以来、日本人の死亡原因トップはガンである。最近では3人に1人がガンで死・・・。
顔面神経痛・・・
顔面神経麻痺・・・
記憶力向上・・・
気管支喘息気管支喘息とは呼吸か困難になる病気。気管支喘息はストレスと大きな関係があると考え・・・
基礎代謝の向上・・・
去痰・・・
切り傷・擦り傷切り傷・擦り傷の応急処置は「洗浄して止血」が基本。切り傷・擦り傷は「消毒しない」・・・
筋肉強化(筋力強化)・・・
筋肉痛・・・。
筋肉疲労・・・
血管強化血管とは動脈、静脈、毛細血管から成り立つ血液を運ぶ管。血管は老化によって固くなり・・・
血行促進・・・
血行不良・・・
血栓血栓とは血管内にできる血小板とフィブリンの塊。血栓症は凝固系と線溶系のバランスが・・・
血圧を下げる(血圧降下作用)・・・
血液サラサラ血液サラサラを阻害するのは血液ドロドロと血中コレステロール。血液サラサラは脳梗塞・・・
健胃作用健胃作用とは胃の消化活動を正常にすること。健胃のポイントは胃に負担をかけないこと・・・
倦怠感・・・
解毒作用・・・
下痢食物は、胃、小腸、大腸の順に運ばれ、その間に栄養や水分が吸収される。そして最後に・・・。
抗ウィルス・・・
抗炎症作用・・・
抗菌・殺菌・・・
高血圧血圧とは、心臓から送り出された血液が動脈の壁を押す力、つまり血管にかかる圧力のこ・・・。
抗酸化作用抗酸化作用とは鉄が錆びるのと同様に人間の体が錆びるのを防ぐ作用のことを言います。・・・
高脂血症(脂質異常症)高脂血症とは高脂血症とは血液中に含まれる脂質が血液をドロドロにして血管を詰まらせ・・・
口臭人間の口の中には100億個もの細菌が棲んでいる。この細菌が、新陳代謝ではがれ落ち・・・。
口内炎口の中を清潔にしておかないと、雑菌が増えて口内炎になりやすい。 体が健康な・・・。
更年期障害更年期生涯とは閉経(平均的な閉経年齢は50歳前後)をはさんで前後約10年間の更年・・・。
骨粗しょう症(骨粗鬆症)骨粗しょう症(骨粗鬆症)とは簡単に言うと骨がスカスカになって、骨折しやすくなる症・・・。
骨盤骨盤とは、腰に手をあてたときに触れる「腸骨(ちょうこつ)」と、座ったときに座面に・・・
こむら返り・・・
コラーゲン生成・・・
コレステロールコレステロールとは細胞膜やホルモンの材料になるなど人間が生きていく為に欠かせない・・・
五十肩・四十肩--五十肩・四十肩に関しては現在、内容を纏めている最中です。--・・・
あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行ん行
成分一覧へ|食品一覧へツボ一覧へ
サイト内検索:
あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行ん行