> 

老眼に関する説明

老眼

老眼【概要】

  • 老眼とはピント調節が困難になり近くのものが見えづらくなる症状
  • 老眼の原因は加齢による水晶体の弾力性低下
  • 老眼の初期症状が現れるのは30代後半から

老眼とは、目の調節力が衰え、ピントが合わなくなることで近くのものが見づらくなることを言います。

ピント調節には、レンズの役割をもつ眼球における水晶体の弾力性が不可欠で、近くのものを見るときは水晶体が厚く膨らみ、遠くのものを見るときは薄くなります。

しかし、水晶体の弾力性は加齢とともに低下。すると、いくら筋肉を収縮してもピントが合わせられず、結果的に水晶体の厚みを調整する毛様体筋にも負担がかかってしまいます。

老眼と疲れ目は判別しにくく、自覚する頃には症状がかなり進行していることも多々あります。

初期症状が現れるのは平均すると30代後半から、老眼を自覚し始めるのは45歳前後といわれています。

老眼に効果があると思われる食品成分

老眼に効果があると思われる健康成分には以下のようなものがあります。

□老眼に効果があると思われるアスタキサンチンを含む食品
いくら(イクラ) / 鮭(さけ・しゃけ) / 鮭の筋子 / ます(鱒) / ・・・もっと見る
□老眼に効果があると思われるグアシニンを含む食品
ブルーベリー / ・・・もっと見る
□老眼に効果があると思われるルテイン ルティンを含む食品
ケール / ほうれん草(ほうれんそう) / ブロッコリー / 芽キャベツ / キャベツ / さやいんげん(いんげん豆) / ・・・もっと見る
■老眼についてもっと調べる
下の検索フォームに老眼について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「老眼 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加