> 

アロマテラピー(アロマセラピー)に関する説明

アロマテラピー(アロマセラピー)

アロマテラピー(アロマセラピー)【概要】

  • アロマテラピー(アロマセラピー)とは香りによる治療という意味。
  • アロマテラピー(アロマセラピー)は主に精神面や美容面のケアに使われる。
  • アロマテラピー(アロマセラピー)は匂いをかいだり肌につけて使用する。

アロマテラピーとは植物などの香りで健康を促進させる一種の療法です。アロマテラピーはフランス語での呼び名で英語ではアロマセラピーと呼ばれます。

アロマ(arome)とは「香り」のことで、テラピー(therapy)とは「治療」のことです。つまりアロマテラピーとは「香りによる治療」という意味になります。

アロマテラピー(アロマセラピー)の効果・効能

アロマテラピーによる効果は主にストレス解消、リラックスなど精神的な症状・疾患に対して効果・効能があると言われます。具体的には次のようなものです。

ストレス
●気力喪失
不眠症
●イライラ
●興奮・精神の高揚
●ショック
●精神的な疲労
リラックス
集中力
●記憶力

その他にもスキンケア、ヘアケア、肩こりや花粉症、呼吸器系のトラブルなどにも効果・効能があるとされ、またマッサージオイルに利用される場合もあります。

アロマオイル(エッセンシャルオイル)

アロマテラピーは主にアロマオイル(もしくはエッセンシャルオイル)と言われる植物の精油が用いられます。

アロマオイルとは植物の花びらや葉、枝、根、種子、果実、樹皮などから抽出される油で、その対象となる植物は主要なものでも200種類以上あると言われます。

アロマテラピーの仕組み

アロマテラピーはアロマオイルを使って精神や体のケアを行いますが、アロマオイルが体に作用する経路は「嗅覚による刺激」と「皮膚・粘膜への浸透」です。

「嗅覚による刺激」は脳に強い影響を与えることから精神的な疾患に作用すると考えられています。

「皮膚・粘膜への浸透」は主に皮膚の組織に浸透することでスキンケアやヘアケアに効果的と考えられています。また、アロマオイルが鼻や口の粘膜から吸収されたり、皮膚に塗ったものが更に浸透して血管に到達することで、体のトラブルを改善すると言われています。

アロマオイルの使い方

アロマオイルの使い方は「匂いをかぐ」「肌につける」の2つに大別されます。もっとも一般的なのはティッシュやコットンにアロマオイルをつけて枕元や机の上に置いておく方法です。その他にもアロマポットやアロマデュフューザーを使ったりする方法も人気があります。

肌につける場合はそのままローションとしてつける場合や湿布などにして使うことがありますが、マッサージオイルとして使うのが効果的です。

また、「匂いをかぐ」「肌につける」の両方を可能にするのはお風呂に入れることです。香りを楽しみながら肌への浸透も期待できるので全身がリラックできます。

アロマテラピー(アロマセラピー)の注意点・危険性

アロマテラピーは医療ではないですが、心身の健康に対する効果が期待できる反面、健康を損なう危険性があることも認識しておく必要があります。

匂いをかぐ程度であれば多くの場合大丈夫ですが、主に次のことには注意する必要があります。

●アロマオイルは飲まない。
アロマオイルを飲んで使う場合もありますが、素人判断はリスクが大きいので必ず専門家か医師の元で行う必要があります。

●アロマオイルの原液は直接肌につけない。
一部、ラベンダーや特殊なケースで原液を使うことがありますが、大抵は他のキャリアオイルで薄めます。

●初めて使う場合は、アレルギーテストを行う。
アロマオイルの反応は個人差があり、人によってはアレルギー反応を起こす場合があります。アレルギー体質の人は必ずアレルギーテストを行ってから使用するようにしましょう。

●妊娠中・授乳中・生理中の人は使用を避ける。
アロマオイルはホルモンに作用する場合があるので、妊娠中・授乳中・生理中の人は安全が確認できるまで使用を避けた方が無難です。

●幼児やお年寄りの使用には注意を払う。
幼児やお年寄り用のアロマオイル(エッセンシャルオイル)もありますが、それ以外のものに関しては安全が確認できるまでは使用を控えた方がよいでしょう。

●高血圧など持病を持っている人は医師に使用を確認する。
高血圧や癲癇など持病を持っている人は必ず医師に確認してから使用する必要があります。

アロマテラピー(アロマセラピー)に効果があると思われる食品成分

アロマテラピー(アロマセラピー)に効果があると思われる健康成分には以下のようなものがあります。

□アロマテラピー(アロマセラピー)に効果があると思われるシネオールを含む食品
ガジュツ / ・・・もっと見る
■アロマテラピー(アロマセラピー)に関する商品情報
■アロマテラピー(アロマセラピー)についてもっと調べる
下の検索フォームにアロマテラピー(アロマセラピー)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「アロマテラピー(アロマセラピー) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加