>   >   > 

薄毛(はげ)に関する説明

薄毛の原因4 ストレス

過度なストレスが溜まると白髪が増えたり薄毛やハゲになるということがよく言われます。

もしその通りであれば現代はストレス社会なので、薄毛やハゲになりやすい時代と言えるかもしれません。女性の薄毛やハゲが増えてきたのも、女性の社会進出に伴うストレスが原因とも言われています。

では何故ストレスが薄毛やハゲの原因となるのでしょう?

一般的には自律神経の乱れが薄毛やハゲにつながると考えられています。ストレスが溜まると自律神経の働きに障害がでてきます。自律神経のバランスが崩れると血流が悪くなり毛根まで少量の血液しか届かないため、毛母の活性がうまくいかなり薄毛やハゲになるということです。

薄毛の原因

また、自律神経のバランスが崩れると胃腸の働きが悪くなり、胃液や膵液が減少、消化吸収が悪くなります。そうなると髪の毛は成分であるケラチンというたんぱく質を十分に生成できなくなるため髪の毛の成長にも弊害がでるということです。

つまりストレスは髪の毛の栄養であるケラチンを減らし、更にその減った栄養でさえ毛根に届きにくくなるということから薄毛、ハゲになりやすくなるのです。

薄毛になるとそれ自体がストレスになって悪循環になることがありますので、上手にストレスを解消しましょう。

■薄毛(はげ)についてもっと調べる
下の検索フォームに薄毛(はげ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「薄毛(はげ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加