>   >   > 

薄毛(はげ)に関する説明

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症とは皮脂が原因となって、抜け毛がひどくなり、薄毛になる症状です。皮膚には皮脂腺という皮膚が必要とする脂分を分泌する腺があります。頭皮にはとくに多くの皮脂腺があって、頭皮や髪に脂分を与えています。

この皮脂の分泌が過剰になり、頭皮や髪の根元にたまって起こる脱毛が脂漏性脱毛症です。

皮脂が髪の根元などにたまると、湿疹ができることもあります。また、細菌が繁殖してフケが出たり、かゆみを起こすため、つい指で掻いて頭皮を傷つけて、皮膚炎を起こしたりします。こうした頭皮のトラブルは毛根に件用して、髪の成長に悪影響を及ぼします。

髪の寿命が短くなり、新しい髪の成育も悪くなり、やがて薄毛、ハゲになっていきます。また、フケはそれ自体で脱毛の原因になります。フケが毛穴をふさいでしまい、毛根の働きを鈍らせるからで、フケによる脱毛は「粃糠性脱毛症」と呼ばれています。

このように、頭皮に脂分が少なすざるのもよくありませんが、逆に多すぎると抜け毛のもとになります。脂性の人や、油っぽい整髪料を使っている人は、毎日のシャンプーを心がけ、髪や頭皮を清潔に保つ必要があります。

■薄毛(はげ)についてもっと調べる
下の検索フォームに薄毛(はげ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「薄毛(はげ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加