> 

脳卒中に関する説明

脳卒中

脳卒中【概要】

脳卒中は、脳細胞が壊死し、脳機能の低下やさまざまな神経障害を起こす病気。

生命にもかかわる、非常に危険な病気であり、症状を起こしたら、一刻も早く病院に行き、適切な処置を受ける必要がある。

脳卒中には、動脈の中に血栓(凝血塊)が詰まって、脳への流れが悪くなる「脳梗塞」と、動脈が破れて出血する「脳出血」があるが、どちらも動脈硬化と深く関係している。

脳梗塞の原因には2つある。ひとつは脳血栓。脳動脈の動脈硬化が進行して血管の内腔が狭くなり、血管壁に付着していた脂肪や血栓がはがれて、血流の流れを遮ってしまう。

もうひとつは、脳塞栓(のうそくせん)で、脳動脈以外にできた脂肪や血栓が血液に運ばれ、脳動脈を詰まらせてしまうものだ。

急激な発作に襲われ、脳動脈のどこが詰まったかによって、顔面マヒなどの症状が現れる。

脳出血の原因には、脳動脈硬化がある。脳血管に高い血圧がかかり、出血を起こすのである。突然気分が悪くなり、激しい頭痛や吐き気などが襲ってくる。顔面マヒや言語障害などの後遺症が残ることもある。

脳卒中は、生活習慣病によって発症リスクが高まる。危険因子には、高血圧、糖尿病、高脂血症、不整脈などの心疾患がある。

検査を受けて、こうした危険因子を早めに発見し、治療することが大切だ。

脳卒中予防について

動脈硬化の原因となる血中コレステロールや中性脂肪、過酸化脂質などを防ぐには、脂肪過多にならないよう、食事のバランスを考えることが大切。

疲労、ストレス、睡眠不足、喫煙、過度の飲酒も避けたい。

サプリメントでは、アガリクス、マイクケ、霊芝などのキノコ類にコレステロールを除去する作用があるため、脳卒中の予防効果が期待できる。

イチョウ葉エキスには細くなった血管を拡張する働きがある。また、オメガ3系脂肪酸のEPA・DHAは、血中の中性脂肪を減らし、血小板の凝集を抑制する。

青魚に多く含まれるので積極的に摂りたいが、苦手な人はサプリメントを利用するといい。血管の老化を防ぐビタミンE、β-カロテンも効果的だ。

脳卒中に効果があると思われる食品成分

脳卒中に効果があると思われる健康成分には以下のようなものがあります。

□脳卒中に効果があると思われるカリウムを含む食品
羅布麻茶(ラフマ茶) / 大麦若葉 / ズッキーニ / さわら(鰆) / きんかん / セロリ / ノニ / ・・・もっと見る
□脳卒中に効果があると思われるクロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)を含む食品
羅布麻茶(ラフマ茶) / コーヒー / さつまいも / にんじん(人参) / じゃがいも / クコ(クコ茶) / ヤーコン / ・・・もっと見る
□脳卒中に効果があると思われるフラボノイドを含む食品
ゲンノショウコ(玄草) / ルイボスティー / 杜仲茶 / セントジョーンズワート / マテ茶 / ノニ / イチョウ葉 / ・・・もっと見る
□脳卒中に効果があると思われるモナコリンKを含む食品
紅麹(べにこうじ) / ・・・もっと見る
□脳卒中に効果があると思われるレスベラトロールを含む食品
落花生(らっかせい) / ぶどうの果皮 / ぶどう(葡萄) / ピーナッツ / 赤ワイン / ・・・もっと見る
■脳卒中についてもっと調べる
下の検索フォームに脳卒中について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「脳卒中 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加