>   > 

血管強化に関する説明

血管の仕組みと働き

血管は人体に網の目のように張りめぐらされ、その全長は約10万kmと一直線につなげると地球を約2周半する計算になります。

血管は、動脈、静脈、毛細血管に大きく分けられます。

心臓の左心室から送り出され、酸素や栄養分を含む血液を全身に運ぶのが「動脈」です。

体を動かすときに起こる圧力差を利用し、二酸化炭素や老廃物を受け取った血液を心臓へ送るのが「静脈」です。

動脈や静脈から枝分かれし、酸素や栄養分と引き換えに二酸化炭素や老廃物を受け取るのが「毛細血管」です。

血管は、寒いときには縮み、暑いときには広がります。入浴や運動で体が温まると血行が良くなるのはこのためです。

血管は歳とともに老化し、弾力性が失われていきます。その結果、脳梗塞や心筋梗塞などの病気が発症しやすくなるので血管強化のための対策が必要です。

■血管強化についてもっと調べる
下の検索フォームに血管強化について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「血管強化 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加