> 

ブドウ糖(グルコース)   glucose ぶどう糖 ぐるこーす  効果、食品

ブドウ糖(グルコース)

ブドウ糖(グルコース)【概要】

ブドウ糖(グルコース)とは脳やからだを動かすエネルギー源となるものです。ブドウ糖(グルコース)は唯一の脳のエネルギー源で、不足すると脳の活力が低下してしまいます。たとえ体に脂肪がたくさんついている方でもブドウ糖を摂取しなければ脳の活力は低下します。

ブドウ糖(グルコース)は水に溶ける際、熱を奪う性質があり、酸化するとグルコン酸となり、酒類、清涼飲料水などに利用されています。

ブドウ糖(グルコース)は、食物の糖質が消化されてできるもので、腸で吸収されて血液中に入り、血液の流れに乗ってからだの細胞に運ばれて、筋肉や臓器で使われます。このブドウ糖(グルコース)がインスリンの不足や働きの低下によってうまく利用されなくなると糖尿病になることがあります。

ブドウ糖(グルコース)は多くの食品に含まれており、余程のことがない限り脳に十分なブドウ糖が供給されていると考えられていました。しかし、あるラットの実験によると脳の一部を使用するとその領域のみブドウ糖値が低下し、他の領域では値に変化がなかったという結果が得られたそうです。そのため、脳を使用すればそれだけブドウ糖(グルコース)の補給が必要と言えそうです。

ブドウ糖(グルコース)の効果があると思われるもの

ブドウ糖(グルコース)には以下のような効果・効能が期待できます。

痴呆症 /  / 脳機能の活性化 / 

■ブドウ糖(グルコース)が含まれる食品例

ブドウ糖(グルコース)が含まれる食品には以下のようなものがあります。

いも / ごぼう / パン /  / 
■ブドウ糖(グルコース)についてもっと調べる
下の検索フォームにブドウ糖(グルコース)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ブドウ糖(グルコース) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加