> 

フラボノイド   flavonoids ビタミンP ふらぼのいど  効果、食品

フラボノイド

フラボノイド【概要】

フラボノイドは、植物に広く含まれる色素成分の総称で、主に野菜や果物などから多くのものが発見されており、その数は4000種類以上もあるそうです。ビタミンPと呼ばれるヘスペリジンやルチンもフラボノイドの一種です。フラボノイドを水酸化したものをフラボノールとよび、いわゆるポリフェノールとして一般に知られています。

フラボノイドは、大きく分けてフラボノール類、イソフラボン類、カテキン類などがに分けられます。イチョウ葉エキスやブロポリスには30種類以上ものフラボノイドが含まれているそうです。

フラボノイドは日常の生活で頻繁に摂取される物質ですが、体にはわずかしか吸収されません。ただし、フラボノイドはごく少量でも効果を発揮し、強力な抗酸化物質であるため発癌物質の活性化を抑制する効果や血行促進作用や抗血栓作用、抗ウイルス作用などがあると言われています。

フラボノイドの効果があると思われるもの

フラボノイドには以下のような効果・効能が期待できます。

花粉症 / ガン(癌) / 血管強化 / 血行促進 / 高血圧 / 抗酸化作用 / ストレス / 動脈硬化 / 脳卒中 / 

■フラボノイドが含まれる食品例

フラボノイドが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■フラボノイドについてもっと調べる
下の検索フォームにフラボノイドについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「フラボノイド 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加