> 

ブロメリン   Bromelain ぶろめりん プロメライン  効果、食品

ブロメリン

ブロメリン【概要】

ブロメリンはパイナップルに含まれる消化酵素の一つです。

ブロメリンは非常に強力なたんぱく質分解酵素です。パイナップルを食べると舌に刺激を感じることがあるのはこのブロメリンのたんぱく質分解酵素の働きで、口の中や舌の粘膜を刺激するからです。

ブロメリンには腸内のものを分解する作用もあるので下痢や消化不良、ガス発生などの消化器系の障害にも効果を発揮します。

ブロメリンには関節炎の症状の緩和にも効果があると言われ、自然療法を使う医師は炎症や腫れを押さえるのにしばしばブロメリンを患者に勧めるようです。その場合はブロメリンを腫れ上がった組織に直接注入するのが効果的と言われますが、食べたときのこの効能は定かではありません。また、ブロメリンはグルコサミンと共に摂取するとより効果があると言われています。

ブロメリンは肉を柔らかくすることで有名ですが、ブロメリンは熱に弱く60℃以上の熱を加えると効果が失われてしまいます。パイナップルの缶詰を使用する場合でも缶詰は熱処理がしてあるため、ブロメリンの効果が期待できないのでこれらの効果を期待してブロメリンを使用する場合は調理方法に注意が必要です。

余談として、ゼラチンでパイナップルゼリーができないのはこのブロメリンのなたんぱく質分解酵素の作用によるものだそうです。パイナップルゼリーを作る場合は缶詰を使いましょう。

ブロメリンの効果があると思われるもの

ブロメリンには以下のような効果・効能が期待できます。

整腸作用 / 便秘 / 関節痛 / 抗炎症作用 / 

■ブロメリンが含まれる食品例

ブロメリンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■ブロメリンについてもっと調べる
下の検索フォームにブロメリンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ブロメリン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加