> 

リコピン   りこぴん  効果、食品

リコピン

リコピン【概要】

リコピントマト等に含まれるカロテノイドの一種です。カロテノイドはβ-カロテンが有名ですがリコピンの抗酸化作用はβ-カロテンの2倍あると言われます。そのため、がんや動脈硬化の予防がたいへん期待できます。緑黄色野菜の中で、トマトにはこのリコピンが最も多く含まれます。リコピンが含まれるトマトはビタミンCやクエン酸も豊富です。

最近の研究で、リコピンは皮膚がんの原因となる紫外線のダメージから肌を守ることもわかっています。血中のリコピンは年齢とともに減少するので、50歳以上の人は効率のよい摂取がすすめられています。

リコピンの効果があると思われるもの

リコピンには以下のような効果・効能が期待できます。

■リコピンが含まれる食品例

リコピンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■リコピンについてもっと調べる
下の検索フォームにリコピンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「リコピン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加