> 

大豆ペプチド   CSPHP soy peptide だいずぺぷちど  効果、食品

大豆ペプチド

大豆ペプチド【概要】

大豆ペプチドは、大豆のたん白質が酵素分解することで得られる成分です。

大豆ペプチドのペプチドとはたん白質がアミノ酸として分解吸収される一歩手前の分子結合のことで、たん白質とアミノ酸の中間に位置するものです。その為、効能はアミノ酸のものと似ているのですが、違いは吸収スピードの速さ、つまり即効性です。アミノ酸は1個づつ吸収されるのに対し、ペプチドは一気に複数まとめて吸収されるのがその理由です。

大豆ペプチドの期待できる効能としては、大豆たん白質・アミノ酸の良いとこ取りのようなものですが、具体的には悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしたり、エネルギー代謝促進、脂肪燃焼促進といったダイエット面に効果的な作用があると言われています。その他に大豆ペプチドは筋肉の損傷を防ぎ、さらに損傷した場合もすばやく修復といった筋肉疲労の予防や筋肉の増強など運動能力を増強する効果も注目されています。さらに大豆ペプチドはアンジオテンシンというホルモンを作る酵素の働きを阻害するため血圧上昇も抑制する働きがあると言われています。

大豆ペプチドは大豆発酵食品に含まれていますが、含有量はごく僅かなので効率よく摂るためには健康食品等を利用する方法もあります。

大豆ペプチドの効果があると思われるもの

大豆ペプチドには以下のような効果・効能が期待できます。

■大豆ペプチドが含まれる食品例

大豆ペプチドが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■大豆ペプチドについてもっと調べる
下の検索フォームに大豆ペプチドについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「大豆ペプチド 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加