> 

メチオニン   Met methionine めちおにん  効果、食品

メチオニン

メチオニン【概要】

メチオニンとは蛋白質を合成するアミノ酸のひとつで、硫黄を含んだ含硫アミノ酸です。しかもメチオニンは食品から摂取しなければならない必須アミノ酸のひとつです

メチオニンは主に肝臓での働きが有名です。メチオニンは肝臓内に入ってきた毒素や老廃物を排除し代謝を促進させ、また血中コレステロール値をコントロールします。それ故、メチオニンはアルコールや脂肪の摂り過ぎなどから肝機能を守ると言われています。また、メチオニンは抗酸化ミネラルであるセレン・セレニウムの運搬役であるため抗酸化作用も期待できます。

メチオニンは、かゆみやアレルギーの原因にもなっているヒスタミンの血中濃度を下げることでも有名で、医療用としては抗うつ剤としても利用され、精神分裂症、パーキンソン病の改善に有効とも言われています。

メチオニンが不足すると肝機能が衰えるので、コレステロールの沈着や動脈硬化、抜け毛なども起こります。また利尿能力が低下するためむくみが生じたり、感染症にもかかりやすくなることもあります。

メチオニンの効果があると思われるもの

メチオニンには以下のような効果・効能が期待できます。

■メチオニンが含まれる食品例

メチオニンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■メチオニンについてもっと調べる
下の検索フォームにメチオニンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「メチオニン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加