> 

ルチン   rutin るちん ビタミンP  効果、食品

ルチン

ルチン【概要】

ルチンはフラボノイドの一種で、ビタミンPとも呼ばれます。ルチンは特にソバや柑橘類に多く含まれる抗酸化栄養素としてよく知られています。ソバの効能として、毛細血管を強化し、血圧効果作用がよく知られていますがこれはその成分であるルチンによる効果と考えられています。

ルチンはビタミンCの吸収を助け、酸化から守り、細菌の侵入を防ぎます。また毛血圧の降下作用があることから心臓病や動脈硬化、高血圧など生活習慣病の予防に役立ちます。そしてルチンには血管の強化し、血行を良くする働きもあるので、冷え性や肩こりなどにも効能があるといわれています。

蕎麦に含まれるルチンをはじめとする多くの良質な成分は茹でる間に溶け出てしまうのでそれらが多く含まれる『蕎麦湯』を必ず飲むようにしましょう。

ルチンの効果があると思われるもの

ルチンには以下のような効果・効能が期待できます。

血行促進 / 高血圧 / 動脈硬化 / 血管強化 / 抗酸化作用 / 

■ルチンが含まれる食品例

ルチンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■ルチンについてもっと調べる
下の検索フォームにルチンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ルチン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加