> 

ギャバ(GABA)   GABA Gamma-Amino Butyric Acid ぎゃば アミノ酸  効果、食品

ギャバ(GABA)

ギャバ(GABA)【概要】

ギャバはアミノ酸の一種です。正式名称のγ-アミノ洛酸:GABA(Gamma-Amino Butyric Acid)を略して ギャバと言われています。

ギャバは主に人間の脳内に微量に存在する抑制性の神経伝達物質です。ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンなどは、それぞれの持つ役割を神経細胞の興奮を高める事で伝える、興奮性の神経物質である一方、 ギャバはその刺激が伝わらないように神経細胞の興奮を抑える、抑制性の神経伝達物質です。 今では、精神安定剤などの不安を抑えてくれる薬の多くに、この ギャバの働きを強める成分が使われています。

ギャバ(GABA)の効果があると思われるもの

ギャバ(GABA)には以下のような効果・効能が期待できます。

痴呆症 / 不眠症 / 肥満 / 肝機能(肝臓) / 高血圧 / 精神安定 / 更年期障害 / 動脈硬化 / ストレス /  / 脳機能の活性化 / 集中力を高める / 

■ギャバ(GABA)が含まれる食品例

ギャバ(GABA)が含まれる食品には以下のようなものがあります。

胚芽米 / 紅麹(べにこうじ) /  / 味噌(みそ) / 玄米 / 醤油(しょうゆ) / 発芽玄米 / 桑の葉 / 
■ギャバ(GABA)についてもっと調べる
下の検索フォームにギャバ(GABA)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ギャバ(GABA) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加