> 

アスパラギン酸   aspartic acid あすぱらぎん酸  効果、食品

アスパラギン酸

アスパラギン酸【概要】

アスパラギン酸は主に医薬品(内服用)に使用されますが、化粧品にも使用されます。アスパラギン酸は非必須アミノ酸で、体内の老廃物の処理、肝機能の促進、疲労回復などの作用があり、皮膚に対しては、代謝を活性化させる作用があると言われています。

疲労がたまると、元気を維持するための大切な栄養素であるカリウムとマグネシウムを補給しなければなりません。そのような生体内の代謝時にアスパラギン酸はカリウム・マグネシウムと結びついて細胞内へ取り込まれます。アスパラギン酸の働きによってそれらの吸収をよくし、細胞内でのバランスを正常に戻し、素早い疲労回復へと繋がるのです。

アスパラギン酸の効果があると思われるもの

アスパラギン酸には以下のような効果・効能が期待できます。

疲労回復 / 食欲不振 / 

■アスパラギン酸が含まれる食品例

アスパラギン酸が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■アスパラギン酸についてもっと調べる
下の検索フォームにアスパラギン酸について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「アスパラギン酸 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加