> 

アリシン   allicin  効果、食品

アリシン

アリシン【概要】

アリシンは、ニンニクやネギの特有なにおいのもとになっている成分で、アリル化合物、硫化アリルとも呼ばれます。

アリシンはニンニクなどに含まれるアリインという細胞が傷つけられ、それにアリイナーゼという酵素が働いて生成されます。アリシンは強力な殺菌作用と共に疲労回復に欠かせないビタミンB1の吸収を助ける作用が知られていることから、たんぱく質の消化を促したり、胃液の分泌を促す、発汗などの代謝作用を高めるといった働きがあります。また、解毒酵素の働きを活性化して病気への抵抗力を高めるなどの働きもあり、食欲増進や冷え性の改善などの効果も期待できます。そのほか、アリシンには血小板凝集抑制、抗酸化、抗ストレス、抗ガンなどの作用があることも分っています。

アリシンの供給源としては、ニンニク、ねぎ、玉ねぎ、ニラなどがありますが、特に豊富に含まれているのはニンニクです。ただし、ニンニクを生で一度にたくさん食べると、貧血を起こしたり、空腹時の摂取は胃胃壁を刺激して炎症を起こしたりしますので過剰摂取は控えましょう。

アリシンの効果があると思われるもの

アリシンには以下のような効果・効能が期待できます。

■アリシンが含まれる食品例

アリシンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

ねぎ(ネギ) / リーキ / にんにく / にら(ニラ) / 葉ねぎ / 玉ねぎ / 
■アリシンについてもっと調べる
下の検索フォームにアリシンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「アリシン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加