> 

ビフィズス菌   bifidus bacterium びふぃずすきん  効果、食品

ビフィズス菌

ビフィズス菌【概要】

ビフィズス菌は、人間を含むすべての動物の腸内に存在する善玉菌で、乳酸菌の一つです。

ビフィズス菌には腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスをとる、腸内の腐敗を抑える、腸の運動を活発にする、免疫力を高めるなどの働きがあり、下痢、便秘、食中毒、胃腸障害、感染症、抗生物質による副作用などを予防、改善します。

また、ビフィズス菌によって発ガン物質や発ガン誘発物質、老化促進因子などが体外にすみやかに排泄されるため、発ガンの可能性も低下し、最近では老化防止効果も期待され、健康成分として飲料などに添加されています。

ビフィズス菌は、腸内でビタミンB群やビタミンKを合成し、その一部はからだに吸収・利用されることから、これらのビタミン不足が一因と考えられる貧血、肌荒れ、出血性疾患の予防にも役立ちます。

全腸内細菌に占めるビフィズス菌の割合は老化と共に低くなるといわれます。
また、ストレスや多量の飲酒によっても、腸内のビフィズス菌は減っていきます。ビフィズス菌の摂取量は特に定められていませんが、摂取したビフィズス菌は、腸内で増殖・死滅を繰り返し、数日から長くても1週間ほどで体外に排出されますので、少量ずつでも毎日とるように心がけましょう。

ビフィズス菌の効果があると思われるもの

ビフィズス菌には以下のような効果・効能が期待できます。

下痢 / ガン(癌) / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / 貧血 / 胃腸病 / 便秘 / 整腸作用 / インフルエンザ / 過敏性腸症候群(IBS) / 

■ビフィズス菌が含まれる食品例

ビフィズス菌が含まれる食品には以下のようなものがあります。

ヨーグルト / 
■ビフィズス菌についてもっと調べる
下の検索フォームにビフィズス菌について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ビフィズス菌 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加