> 

セサミノール   sesaminol せさみのーる  効果、食品

セサミノール

セサミノール【概要】

  • セサミノールはゴマに含まれるゴマグリナンのひとつ。
  • セサミノールには強力な抗酸化作用がある。
  • セサミノールはガンやコレステロールに効果的。

セサミノールごま(ゴマ)の種子に含まれる抗酸化物質、ゴマグリナンのひとつです。

ゴマグリナンとは、ごま(ゴマ)に含まれる抗酸化物質の総称で、セサミノールのほか、セサミンやセサモリンなど多種類あります。

セサミノールはセサミンと並びゴマグリナンの中でも効果性の高い成分として知られています。

セサミノールはごま油を精製する際、脱色工程で生成されるため、ごま油に多量に含まれています。ごま油がほかの食用油脂より酸化されにくいのは、セサミノールの抗酸化作用によります。

尚、セサミノールはごま油に豊富に含まれていますが、ごま(ゴマ)自体には少ないのです。しかし、ごま(ゴマ)にはセサミノール配糖体が多く、ごま(ゴマ)を食べると腸内細菌によってセサミノールが生成されることが分かっています。

セサミノールの効果・効能

ごま(ゴマ)は、漢方薬でも滋養強壮薬として用いられ、疲労回復美肌や美髪、乳汁の出をよくし、アンチエイジング便秘などに効用のあるすぐれた伝統食晶とされてきました。こうした効能に深くかかわっているのが、セサミノールをはじめとするゴマグリナンです。

セサミノールの抗酸化作用はガン(癌)に効果的と言われます。細胞の老化やガン化の原因のひとつは過酸化脂質です。過酸化脂質は、生体や食品中に含まれる脂質が酸化されることによって生じます。

うさぎの赤血球膜などを用いた実験や人の培養細胞での過酸化障害に対するセサミノールの防御効果を調べる実験などで、セサミノールの強力な抗酸化作用が確認され、抗老化・抗がん化作用に期待が寄せられています。

そしてセサミノールの抗酸化作用はコレステロール抑制にも効果があるとされています。セサミノールには、高血圧動脈硬化の原因となるLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が体内にできるのを防ぐ作用のあることが、臨床実験で確認されています。それも、高脂血症治療薬並みの効果が期待できるということです。

更にセサミノールは二日酔いの元凶であるアセトアルデヒドの分解速度を速めて、肝臓の負担を軽くする効果があるとされています。

セサミノールの副作用・注意点

セサミノールに関する副作用や注意点は特に報告がないようです。しかし、ごま(ゴマ)はアレルギーの原因になっていることがあるので、アトピー性皮膚炎喘息を持っている方などは念のために注意した方がいいかもしれません。

セサミノールの効果があると思われるもの

セサミノールには以下のような効果・効能が期待できます。

■セサミノールが含まれる食品例

セサミノールが含まれる食品には以下のようなものがあります。

ごま(ゴマ) / ごま油 / 
■セサミノールについてもっと調べる
下の検索フォームにセサミノールについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「セサミノール 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加