> 

グリチルリチン酸   Glycyrrhizin acid ぐりちるりちんさん  効果、食品

グリチルリチン酸

グリチルリチン酸【概要】

グリチルリチン酸は甘草(カンゾウ)の有効成分で、解毒作用や抗がん(癌)作用があることで知られています。

グリチルリチン酸は従来、甘味成分とされてきていましたが、最近の研究により、毒物に対する解毒作用のあることがわかり、漢方で経験的に知られていたことが証明された。

グリチルリチン酸の解毒作用は食中毒、フグ毒、ヘビ毒、細菌性の毒などに対しても発揮される。

またグリチルリチン酸には、抗ガン(癌)作用があることも判明し、世界各国での研究が進められてきたがそのメカニズムは完全には解明されていない。

さらにグリチルリチン酸には、衰えた胃腸の消化・吸収機能を高める効果や止血効果もあり、胃潰瘍や肝臓障害改善に期待されていて、とりわけ、B型・C型肝炎の抗原保有者に対して、その発病を予防する目的での利用が考えられている。

加えて、グリチルリチン酸には初期の咽喉頭痛や口内炎、タンを除く効果もあるとされる。

グリチルリチン酸の効果があると思われるもの

グリチルリチン酸には以下のような効果・効能が期待できます。

■グリチルリチン酸が含まれる食品例

グリチルリチン酸が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■グリチルリチン酸についてもっと調べる
下の検索フォームにグリチルリチン酸について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「グリチルリチン酸 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加