> 

果糖(フラクトース)   fructose フラクトース かとう ふらくとーす  効果、食品

果糖(フラクトース)

果糖(フラクトース)【概要】

  • 果糖(フラクトース)はすぐにエネルギーになる糖の一種。
  • 果糖(フラクトース)は疲労回復に効果的。
  • 果糖(フラクトース)は中性脂肪の増加を招く恐れがある。

果糖(フラクトース)は糖の一種で、糖の中では最も甘く、コストも安いと言われています。果糖(フラクトース)は単糖類と言われ、それ以上分解できないためすぐに体内に吸収されてエネルギーとなります。

果糖(フラクトース)は果物やはちみつなどの食品中に単体の糖として含まれますが、しょ糖(砂糖の主成分)の構成糖としても存在しています。

果糖(フラクトース)の効能・効果

果糖(フラクトース)はその甘みによって食べ物を美味しくするということが最大の効能・効果ですが、健康への作用もいくつかあります。

まず果糖(フラクトース)はすぐエネルギーに変換されることと、筋肉疲労の要因でもあるL-乳酸を除去する作用があるため疲労回復の効果がで期待できます。

また、肝機の働きに必要なグリコーゲンを生成する働きがあるため、肝機能の強化にも有効です。

さらに、果糖(フラクトース)にはアルコールを分解する効能があるため二日酔いにも効果的と考えられています。

尚、運動後のグリコーゲン補充のための糖質摂取にはブドウ糖の方が効果的とされていますが、ブドウ糖は低血糖を招く恐れがあります。一方、果糖(フラクトース)はインシュリンを必要としないため低血糖になりません。その為、運動後のグリコーゲン補充にはブドウ糖と果糖を合わせて摂取することが効果的と言われています。

果糖(フラクトース)の副作用・注意点

果糖(フラクトース)は中性脂肪の生成を促進する働きがあります。果糖(フラクトース)を多く摂ると中性脂肪の蓄積を招き、コレステロールを増加させることになります。

それらのことから果糖(フラクトース)は肥満の原因ともなり、ダイエットをしている人は注意が必要です。「甘いものを食べると太る」と言われる要因の一つは果糖(フラクトース)にあります。

果糖(フラクトース)の効果があると思われるもの

果糖(フラクトース)には以下のような効果・効能が期待できます。

■果糖(フラクトース)が含まれる食品例

果糖(フラクトース)が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■果糖(フラクトース)に関する商品情報
■果糖(フラクトース)についてもっと調べる
下の検索フォームに果糖(フラクトース)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「果糖(フラクトース) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加