> 

カルニチン   Carnitine かるにちん  効果、食品

カルニチン

カルニチン【概要】

カルニチンは、普段私たちが食べている食物の中に含まれているが、リジンとメチオニンというアミノ酸をもとに肝臓や腎臓でも合成される。

カルニチンは脂質のエネルギー代謝に不可欠の物質で、その最大の働きは、肩甲骨や首、脇の下などにある褐色脂肪細胞を活性化して、リパーゼという酵素を作ること。リパーゼは脂肪を分解し、エネルギーになりやすい遊離脂肪酸を作る働きをもっている。

カルニチンの効果があると思われるもの

カルニチンには以下のような効果・効能が期待できます。

■カルニチンが含まれる食品例

カルニチンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

牛乳 / ヨーグルト / 鮭(さけ・しゃけ) / マグロ(鮪) / 鶏肉 / 豚肉 / 牛肉 / ラム肉 / 羊肉 / 
■カルニチンについてもっと調べる
下の検索フォームにカルニチンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「カルニチン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加