>   >   > 

DHA(ドコサヘキサエン酸)   DHA Docosa-hexaenoic acid どこさへきさえんさん  効果、食品

DHAのアレルギー・喘息緩和効果とは

DHAはアレルギーに伴う炎症を抑制することで、アレルギー疾患や喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症などを緩和すると考えられています。

  • DHAは体内で微弱な炎症を引き起こすシクロオキシゲナーゼ(COX2)という酵素の働きを阻害します。シクロオキシゲナーゼはアレルギーや喘息に伴う炎症の要因となる物質です。DHAはアレルギーを治す効果はありませんが、シクロオキシゲナーゼに伴う炎症を軽減することでアレルギーや喘息を緩和させる効果があると考えられています。このDHAの効果は花粉症などのアレルギー喘息の他、アトピー性皮膚炎関節炎などにも有効と考えられています。

酸化したDHAはアレルギーを悪化させることもあるので注意が必要です。

  • DHAは非常に酸化しやすい構造となっており、酸化した場合は過酸化脂質・フリーラジカルを生成することになります。過酸化脂質・フリーラジカルはアレルギーやアトピー性皮膚炎の要因でもあると言われています。質の悪いDHAを摂取すると過酸化脂質・フリーラジカルが増加し、アレルギーやアトピー性皮膚炎が悪化することがあるので注意が必要です。気になる方は抗酸化作用を持つ、ビタミンAビタミンCビタミンEフラボノイド類を一緒に摂るようにしましょう。
■DHA(ドコサヘキサエン酸)についてもっと調べる
下の検索フォームにDHA(ドコサヘキサエン酸)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「DHA(ドコサヘキサエン酸) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加