> 

ヒスチジン   Histidine ひすちじん  効果、食品

ヒスチジン

ヒスチジン【概要】

  • ヒスチジンは幼児が体内で合成できない必須アミノ酸。
  • ヒスチジンには成長促進作用がある。
  • ヒスチジンは体内でヒスタミンへと変換される。

ヒスチジンは乳幼児の成長に欠かせないアミノ酸です。ヒスチジンは幼児の場合は体内で合成できず、大人になると体内で合成できるようになる特別な必須アミノ酸と言えます。

ヒスチジンの効能・効果

ヒスチジンの主な効能・効果は乳幼児にとっての成長促進作用です。成長促進作用のあるアミノ酸は他にもありますが、乳幼児の場合、ヒスチジンが不足すると体内で合成できず発育に影響がでる恐れがあります。

ヒスチジンは体内で分解されるとヒスタミンとなります。ヒスタミンは神経機能に作用し、交感神経や血管の拡張などに影響を及ぼします。その結果、ヒスチジンは慢性関節炎の症状を緩和する、ストレスを軽減するなどの効能・効果があるとされています。

ヒスチジンが不足すると・欠乏症

子供にとってヒスチジンの不足は成長不良、神経機能の低下の可能性を高めます。大人の場合でもヒスチジンが不足すると肥満や皮膚疾患の恐れがあるようです。

ヒスチジンの副作用・注意点

口からヒスチジンを摂取する分には安全性が示唆されています。しかし、ヒスチジンは体内でヒスタミンに変換されるので、ヒスチジンの過剰摂取はアレルギー症状を促進させる恐れがあります。また妊娠中、授乳中における安全性は確認されていないので食品以外からの摂取は避けましょう。

ヒスチジンの効果があると思われるもの

ヒスチジンには以下のような効果・効能が期待できます。

■ヒスチジンが含まれる食品例

ヒスチジンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

ラム肉 / 鶏肉 / 小麦 / マグロ(鮪) / 大豆 / かつお(鰹) / 海松子(かいしょうし) / 
■ヒスチジンについてもっと調べる
下の検索フォームにヒスチジンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ヒスチジン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加