> 

バリン   valine ばりん  効果、食品

バリン

バリン【概要】

  • バリンはBCAA(分岐酸アミノ酸)の一つ。
  • バリンはBCAAの効果の他に成長促進作用がある。
  • バリンはロイシン、イソロイシンとのバランスが大事。

バリンは食品から摂取しなければならない必須アミノ酸の一つです。ロイシンイソロイシンと同様、バリンはBCAA(分岐酸アミノ酸)の一つでもあります。

バリンの効能・効果

バリンの体内での主な効能・効果は、成長促進作用です。さらにバリンは血液中の窒素バランスを調整する働きもあります。その他、疲労回復食欲増進などの効果・効能も期待できるようです。

またバリンはBCAAの一つです。BCAAは筋肉の合成、維持、疲労軽減など筋肉にとって非常に重要なアミノ酸ですが、このうちバリンは特に筋肉へのエネルギー供給と傷ついた筋肉の修復に効果があると考えられています。

またバリンは脂肪燃焼を促すと言われダイエット効果も期待されていますが、それらに関しては信頼できる報告は無いようです。

バリンの副作用・注意点

バリンは短期的な経口摂取においては、特に副作用はないようです。

バリンは多くの食品に含まれており、不足する心配はまず無いようですが、他のBCAA同様、ロイシン、イソロイシンとのバランスが崩れると体重が減少するなどの影響がでます。

バリンの効果があると思われるもの

バリンには以下のような効果・効能が期待できます。

■バリンが含まれる食品例

バリンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

落花生(らっかせい) / ラム肉 / レバー / チーズ / 小麦胚芽 / 
■バリンについてもっと調べる
下の検索フォームにバリンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「バリン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加