> 

ゲルマニウム   germanium げるまにうむ  効果、食品

ゲルマニウム

ゲルマニウム【概要】

ゲルマニウムは、ヒトでの必須性が認められた元素ではありませんが、健康に役立つ働きがあると考えられている超微量元素のミネラルです。

体内でインターフェロンをつくらせたり、酸化を防いで酸素の効率を高める働きがあるとされています。しかし、一般的に言われる効果性に関しては懐疑的な見解が多く、また実際に問題も起きている成分ですので、健康目的で利用するには注意が必要です。

ゲルマニウムの効能・効果

ゲルマニウムの効能・効果に関しては一般的に「抗酸化作用」「免疫力強化」「貧血予防」「新陳代謝活発作用」等があるなどと言われていましたが、それぞれ科学的根拠に乏しく副作用の危険性も高いことから現在ではあまり謳われていません。

ただし、有機ゲルマニウムのひとつであるプロパゲルマニウムに関しては医薬品として認可されており、その効果性も信頼されています。

プロパゲルマニウムはウィルス感染したときに、免疫のはたらきを活性化したり、インターフェロンの産生を促して、ウイルスの増殖を抑える作用があり、B型ウイルスによる慢性肝炎の治療薬に利用されています。その他、体内の酸素の消耗を防いで、ガン(癌)、ボケなどを予防する効果もあると言われています。

しかし、プロパゲルマニウムは医薬品であり、深刻な副作用のリスクもありますので医師の指導のもとで利用するようにしましょう。

ゲルマニウムの副作用・注意点

ゲルマニウムは食品から摂取する分には問題ありませんが、サプリメントで使用する場合は問題を起こすケースが多いようです。

ゲルマニウムが健康食品で利用される場合、主に「無機ゲルマニウム」と「有機ゲルマニウム」の2つがありますが、両者とも毒性や様々な副作用が報告されており、実際に非常に深刻な健康被害の例もあります。

また、サプリメント以外にゲルマニウムを利用した「ゲルマニウムブレスレッド」「ゲルマニウムネックレス」「ゲルマニウムローラー」等の健康・美容器具がありますが、これらの科学的根拠も乏しく、現在のところこれらの効果性は否定的な見解が多いようです。

現時点ではゲルマニウムに関する効果性が明確になっていない上、副作用の危険性も高いことから食品以外からの利用は避けた方が良さそうです。

ゲルマニウムの効果があると思われるもの

ゲルマニウムには以下のような効果・効能が期待できます。

■ゲルマニウムが含まれる食品例

ゲルマニウムが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■ゲルマニウムについてもっと調べる
下の検索フォームにゲルマニウムについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ゲルマニウム 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加