> 

クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)   chlorogenic acid コーヒーポリフェノール コーヒークロロゲン酸 くろろげんさん  効果、食品

クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)

クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)【概要】

クロログン酸はポリフェノールの一種です。

クロログン酸はじゃがいもやさつまいもの皮、コーヒーに含まれます。

クロログン酸は抗酸化作用の他、ガン(癌)の予防にも効果があると言われます。

クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)の効果があると思われるもの

クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)には以下のような効果・効能が期待できます。

ガン(癌) / 子宮がん(子宮癌) / ダイエット / コレステロール / 脳卒中 / 体脂肪燃焼 / 肥満 / 肝臓 / 糖尿病 / 

■クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)が含まれる食品例

クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)に関する商品情報
■クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)についてもっと調べる
下の検索フォームにクロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「クロロゲン酸(コーヒーポリフェノール) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加