> 

ビタミンB13   Vitamin B13 びたみんB13 オロット酸 オロト酸 orotic acid  効果、食品

ビタミンB13

ビタミンB13【概要】

  • ビタミンB13はビタミン様物質。
  • ビタミンB13は肝臓障害や老化への作用が期待されている。
  • ビタミンB13にはまだ不明な点が多い。

ビタミンB13は厳密にはビタミンではなく、ビタミン様物質です。ビタミンB13は水溶性です。

ビタミンB群の仲間はビタミンB12までで、ここにあげたビタミンB13は、ビタミンの名前がついているとはいえ、まだ正式に仲間入りを認められたわけではありません。不明な点が多いため、今後の研究が期待されます。

ビタミンB13の効能・効果

ビタミンB13はオロット酸とも呼ばれ、葉酸やビタミンB12の代謝に作用します。また、ビタミンB13には肝臓障害や早すぎる老化を予防(アンチエイジング)する働きがあると、推察されています。

その他、ビタミンB13の体内での効果・効能や欠乏症については、まだよくわかっていません。不明な点が多くビタミンB13の所要量は定められていません。

ビタミンB13を多く含む食品

根菜、小麦胚芽ビール酵母など

ビタミンB13の効果があると思われるもの

ビタミンB13には以下のような効果・効能が期待できます。

■ビタミンB13が含まれる食品例

ビタミンB13が含まれる食品には以下のようなものがあります。

小麦胚芽 / ビール酵母 / 
■ビタミンB13についてもっと調べる
下の検索フォームにビタミンB13について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ビタミンB13 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加