> 

イコサペンタエン酸(IPA)   イコサペンタエン酸 EPA アイピーエー あいぴーえー  効果、食品

イコサペンタエン酸(IPA)

イコサペンタエン酸(IPA)【概要】

イコサペンタエン酸(IPA)は多価不飽和脂肪酸の1種。イコサペンタエン酸(IPA)は別名エイコサペンタエン酸(EPA)とも言い、両者は同様のものです。

イコサペンタエン酸(IPA)は善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、血液をサラサラに流れやすくします。動脈硬化や脳血栓、心筋梗塞、高血圧などの予防に役立ちます。胃腸や皮膚の炎症も予防します。

イコサペンタエン酸(IPA)の効果があると思われるもの

イコサペンタエン酸(IPA)には以下のような効果・効能が期待できます。

■イコサペンタエン酸(IPA)が含まれる食品例

イコサペンタエン酸(IPA)が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■イコサペンタエン酸(IPA)についてもっと調べる
下の検索フォームにイコサペンタエン酸(IPA)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「イコサペンタエン酸(IPA) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加