> 

カフェイン   caffeine かふぇいん  効果、食品

カフェイン

カフェイン【概要】

カフェインはコーヒーやお茶に含まれる苦味成分です。植物に含まれる含窒素化合物をアルカロイドといい、カフェインもこの仲間になります。

アルカロイドには、チョコレートに含まれているテオブロミン、煙草のニコチンなどもあります。

カフェインはコーヒーなどに含まれることでよく知られますが、中枢神経全体を興奮させ、眠気をさます効果があります。

カフェインの効果・効能

カフェインには中心神経を刺激する効能があります。中枢神経を刺激するカフェインの効能が心臓の動きを強め、目を覚まし、胃酸の分泌量や尿の量を増やす効果につながります。その他、大脳への血流がよくなることにより、知的作業がはかどる傾向もあります。

カフェインを含む食物

カフェインは、コーヒー、緑茶、紅茶、烏龍茶、ココアチョコレートなどに含まれています。また、コーラや栄養ドリンク、一部の医薬品などに含まれていることもあります。

カフェインの副作用・注意点

カフェインは摂取してから脳に届くまでに20~30分かかります。ですから、仮眠をとる前にコーヒーなどを飲むとすっきり目覚めることができます。

またカフェインは刺激物なので、大量摂取は避けましょう。カフェインには若干の依存性があり、禁断症状として頭痛、不安感、疲労感、集中力の欠如などが現れることがありますので注意しましょう。

また妊娠中や授乳中のカフェイン摂取は避けましょう。

カフェインの効果があると思われるもの

カフェインには以下のような効果・効能が期待できます。

利尿作用 / 覚醒作用 / 痛風 / 

■カフェインが含まれる食品例

カフェインが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■カフェインについてもっと調べる
下の検索フォームにカフェインについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「カフェイン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加