> 

スコルジン(スコルジニン)   scordinin すこるじん すこるじにん  効果、食品

スコルジン(スコルジニン)

スコルジン(スコルジニン)【概要】

スコルジン(またはスコルジニン)ニンニクに含まれる有効成分として、におい成分のアリシンやアリインより早く、1936年日本人の学者(小湊博士)によって発見された物質です。ちなみにスコルジンは無臭の成分です。

スコルジンの主な効能・効果

スコルジンはニンニクが生み出す活力の源になる成分として、エネルギーの燃焼促進作用のほか人体への多くの有効作用が認められています。特にスコルジンには末梢血管拡張作用による血液循環促進、血小板凝集抑制作用、血中コレステロール低下作用などがあり、血液をサラサラにする効能があるとされるため高血圧動脈硬化高脂血症心筋梗塞、脳梗塞などに効果が期待できます。

スコルジンの上手な摂り方

ニンニクの特有の強い臭いが気になる場合は、無臭ニンニクを利用したり、消臭成分を配合したニンニクを用いるとよいでしょう。なお、健康食品として液状、粉末、顆粒、錠剤、カプセルなどの製品も出回っています。

注意点

ニンニクの過剰摂取は腹痛や貧血の要因になるので、注意が必要です。特に空腹時の生食は控えるのが無難です。大人は1日2片まで、子どもはその半分以下を目安にしましょう。

スコルジン(スコルジニン)の効果があると思われるもの

スコルジン(スコルジニン)には以下のような効果・効能が期待できます。

■スコルジン(スコルジニン)が含まれる食品例

スコルジン(スコルジニン)が含まれる食品には以下のようなものがあります。

にんにく / 
■スコルジン(スコルジニン)についてもっと調べる
下の検索フォームにスコルジン(スコルジニン)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「スコルジン(スコルジニン) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加